<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

この闘いが終わったら…

諸々あってもお何がなんだかorz

俺…この週末にはチューリップ植えるんだ…

って遅ぇ~!!色々と!!
[PR]

by hibuchi | 2007-12-19 23:04

先達あらまほしき

どどどうしたら(・ω・;)(;・ω・)と焦っていたら『商業園芸』をきちんと学んだことのある友人から「焦らんでよろし」とメール。
湿気に気をつけ、よく日に当てていれば葉組みについては今のところ深く考えなくてもいいと。ありがたや~~~。

シクラメンはかもされやすいらしい。
以下、彼女のメールより引用。

>実習温室のなかに何千と並んでいるシクラメン鉢の何百個に一つかは、まるで夏の台所のゴミ受けの様に細菌でぬるぬるしていた。
>シクラメンの実習は週に二回位だったか。
>液肥をやるたび、葉ぐみをするたび、必ず何個か温室の外へ放り出した。
>経営、効率、利益等と、黒板上で習っても生き物を棄てる後ろめたさが付きまとった。
>綺麗に咲きあがって出荷されるとそんな思いも無くなってしまうけど。


『夏の台所のゴミ受け』……り、臨場感……。
[PR]

by hibuchi | 2007-12-11 13:43 | 園芸

こ、これはっ

二週間ぶりの休日だ~。
自宅で浴びる日光だ~~(*^_^*)

…や、体調はどん底なんですけどね…orz
ようやく摘めたサフランで茶煎れて啜ろう…。

c0073332_15282825.jpgところで私、シクラメンの「葉組(株元の小さい葉にも日があたるよう、大きくなった葉同士を絡めて配置替え)」が苦手というか、よくわかりません。
とりあえずかき分けたところで発見したコレは、蕾だと思うのですがどどどうしたら(・ω・;)(;・ω・)

[PR]

by hibuchi | 2007-12-09 11:27 | 園芸

MMM

職場近くのお宅のグリーンローズが、紅葉(?)してきて綺麗です。
ワンコソバどころか卓上の醤油さしのごとき補充率で年中咲いてるんですが、なにしろ地味なので気付いている人がどれだけいるやら。もったいない…。

さてワンコソバといえばメアリーマグダレン(笑)。春~夏とそれはもう見事な咲きっぷりを見せてくれました。
…ここで順接にすべきか逆接にすべきかが悩みどころなのですが、他が皆「夏剪定?ナンデスカソレハ」状態の中、唯一主幹にまで入れた…のもマリたんでありました。
もー枝が枯れこむ枯れこむ…orz それも鋏では手に負えないほど太いところまで。
や、鋏は『使用のたびに除菌ティッシュで拭く』程度のヌルい消毒しかしてないので、菌が入る可能性は常にあるとも言えるのですが…他の子は平気なのに、なぜキミだけが(ってそれはガンガン咲く分体力を消耗する上鋏を入れる機会が多いから)?
デラさんのICU入りの際、ついでと言ってはなんですが、心配しつつもガッスリ切り込んだのですよ。
・・・…もう、というかまた、というか…蕾が6個もついてます。
これまた他の鉢と平等(より、ちょっくら大盛り気味?)に播いたバイオゴールドが、マリたんのだけ目立って小さくなってる気がします。
……やっぱり、付き合えば付き合うほどにマッチョ……。愛称「マリたん」から「マリリン」に変えるか…。
[PR]

by hibuchi | 2007-12-08 16:22 | 園芸

秋モード継続中

c0073332_8492158.jpgc0073332_8515274.jpg蕾はおそろい だったマザーズディ&ニキータ、開くとやはり全然違う色合いになりました。
いや、色合いよりむしろ質感の差?シルクの赤(オカン)とフェルトの赤(にき太)というか。
・・・→の写真の方がわかりやすいかしら?相変わらず撮影下手ですみません(つか、窓を拭けと)。

ちなみに後ろのビミョーな色合いの花はタモラ。開ききれそうにない(?)のでほころびかけ、ぐらいで切りましたが、確かにマリたんと同系統の香り。…でも『桃カステラ』ではないな。なんだろう。

c0073332_8571676.jpgこちらペルルドールもなかなか開ききれず、あの特徴的な「リボンの花」モードが遠い。
香りも春夏よりちょっと重い感じ。
横にちょろっといるのはマザーズデイと月月粉の蕾。葉っぱはローズゼラニウム。
…可愛いけれど香りのない(薄い)ミサキと冬梅之子を活けたときに補助として摘んできて、花が萎れてもまだピンピンしてたので巨匠一門と再婚(?)させて、それも萎れたのにまだ青々…ってよく見たら発根してました。
…狙って試して成功したことがないんだけどなー挿し芽……orzつくづく緑のゆ(ry
[PR]

by hibuchi | 2007-12-07 09:08 | 園芸

ぺったん

本日は職場にてお餅つき。
薪で釜に湯を沸かし、石の臼に木の杵のトラディショナルスタイル。
焚き物は楠の剪定屑がメインなので、非常によい香りです。

お餅よりも、この灰貰って帰りたい…。
[PR]

by hibuchi | 2007-12-05 10:06 | memo

12月1日

c0073332_1385388.jpgc0073332_1391874.jpg職場のクィーンエリザベス(推定)とエンジェルダーリン(推定)


日照時間中、全く在宅できない日々が続いておりますorz
今週末は休日出勤もあり、サフランの収穫のみならずなんかもお死亡フラグ...P...

More
[PR]

by hibuchi | 2007-12-01 13:07 | memo