点→線(ワナビー面)

c0073332_914928.jpgc0073332_914302.jpg
スパイシーミニジェットゴールデンボーダーのその後。
どちらもかなり白くなって、弁先からほんのりピンクが乗ってきてます。


「充実した株」の手持ちがホボなかったことと、バラに関しては全般に「開きかけ」ぐらいが好み…だったせいで、開花即チョッキン、がデフォだった昨年度。
最近、枝につけっぱなし…が増えたのは二年目突入で

●バラの「丈夫さ」に対する信頼度が上った
●(ディスタントドラムス等)「変化」を見守る楽しみを覚えた
●所有株が増えて手が回らなく…ゲホゴホン

…と、とにかく、写真のように「きれいな瞬間」を切り出すのではなく、過程すべてが「美しさ」なのだと思えるようになったぶん、世界は広がったと思っておりますです。

…あとは「背景」含めて総合的に鑑賞できる環境を整えられれば……

………遠いな。




ほとんどテレビを見ない生活をしている今日この頃ですが、先日のテレ朝50周年ドラマ「点と線」は(風邪でフラフラしつつ)何故か前後編とも視聴。
死体発見現場が学生時代を過ごした街なので、素晴らしい再現率に爆笑。

…いや、もちろん、舞台である昭和30年代に「学生時代を過ごした」わけではありませんよ念のため!!(つか、生まれてもおりません!!一応!)
でも駅前の古い理髪店とか、中華料理屋とかがちゃんと登場していたのが懐かしくて。


…夢野久作「ドグラ・マグラ」あたりもド地元です。
[PR]

by hibuchi | 2007-11-30 10:34 | 園芸