虫むし蒸し

昨日今日と熱帯性気候~~、なスコールがあって、ほんの少しだけ朝晩が涼しくなった……ような気がします。
しかしふと気付けば、この夏は「入道雲」を全くといっていいほど目にしなかったような。
本当に「雲ひとつない」乾ききった空、か、秋を思わせる筋雲・ウロコ雲…のどちらか、だったような。
蝉の声もいつのまにか失速し、朝夕は秋テイストの「虫の声」。
いやいやいや!気温自体はいっこうに下がる気配もないんですけどもさ。

先日、『痕跡』だけは見慣れていた虫の現物を(多分、生まれて初めて)目撃しました。
ミツバチを少し大きくしたような「毛むくじゃら系」(アシナガバチ・スズメバチは「つるりん系」、クマバチ・マルハナバチは「もっさり系」)で、カビの生えたような白っぽいうす緑。ほほう、これがハキリバチ…。
目の前でベニコさんの葉っぱを器用に丸く切り取って抱え込み、飛び立とうとして落っことしていった
ゴルァ!!!
[PR]

by hibuchi | 2007-08-21 22:35 | 園芸