ちょっと待ったー!!

粉粧楼にも蕾がついて、今年も初花レースは中国勢が表彰台独占…かと思われたところにフランスとドイツから待ったがかかりました。
テディベアとコルデスパーフェクタにも蕾キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
…いや、もともと「チャイナ系」ったって作出はフランスだったりするんで、この「レース」にたいした意味はないんですけども。
昨年度コジれ気味だったクマたんの頑張りと、一冬越えていよいよ本領発揮か?のコルデスパーフェクタ(長いッ!!でも略称・愛称がまだ思いつかないッッ!!!)に期待大。

c0073332_1127268.jpgこれはちょっと前に撮った写真で、今ではもっとワサモサしてますが。
この冬剪定・植え替えを行った株の中では、ダントツで『樹形美人』になってるんじゃないかと思いますコルデスパーフェクタ。
『ダブルデライトとの比較』を口実に買い集めた覆輪系(大御所デラさんはICU入りあったりして、今は一本枝で頑張ってる状態orz)、ベラローマも魅惑もどちらかといえば横張り気味でだらしない(しどけない、と表現するべきかしら)。
コルデスパーフェクタはすっくり直立型で、姿勢がいい。さすがドイツ娘。





…新苗購入と大苗購入の差もあるとは思いますが、出身店の差もあるような気がしてなりません…。
うちに来た株で『樹形美人度』(もちろん品種なりの)を比較したら、平均して高得点なのが(コルデスパーフェクタ含む)〇イハラ出身者。
粉粧楼とか冬梅之子とか、複数所有してるものでは特に際立ってる(挿し木苗と接木苗の差を差し引いても)。
逆に底辺近くに位置するのが〇オガ出身者(^^;なのですが、しかしここのは樹形はブスでも丈夫さと花つきのよさは超一流(デラさんに関しては100%ワタシのせいなので除外)。
実際に枯れちゃったのはミミエデンひと鉢のみで、ウチ的ローズオブジイヤー獲得した姫などもここ出身だというのに、どうも樹形も歩留まりもいまいちな印象を抱いてるのが〇イセイ……って、それでもパッと「どこで買ったか」思い出せるってのはまー凄いことですよね(フォロ~)。
[PR]

by hibuchi | 2009-03-27 13:03 | 園芸