タグ:食用 ( 50 ) タグの人気記事

すれ違い・愛

世紀またぎで何度も何度も何度も何度も挑戦しては敗れ(枯らし)て来たローズマリーが、ようやく日常的な収穫・使用を躊躇しなくていいサイズに・・・!

c0073332_17120580.jpg
嬉しくてアレコレ使いまくりましたとも。
酢に漬けてリンス・ドレッシング、ウォッカ抽出で化粧水ベース、チキンもポテトもどんだけ食べたか。
しかし一番ヘビロテしたのは「氷」。
春~夏にかけて体調を崩し、水もお茶もスポーツドリンクも、頼みの綱の無糖炭酸水すらのどの通りが悪くなった時、文字通り「命の水」となってくれたのがローズマリー一枝と柑橘の皮OR果汁を漬け込んだ冷水。
長く(または大量に)漬けすぎるとしつこいけれど、軽く香りが移った水はするするとのどを通ってくれて、一時期はホントこればかり飲んでました。
体調が多少戻って他の飲み物が平気になってからも、入れる氷はこれを凍らせたもの。しまいにゃ自動製氷機の水タンクに直接枝を放り込むまでに・・・。
ありがとうローズマリー、愛してるよローズマリー、ずっと一緒だよローズマリー。
この蜜月はずっと続く・・・と信じていたんですけどね。

先日ふと『ハーブ 禁忌』で検索してorzってなりました…。
ローズマリー…キミ、クールに見えて血圧上げる系だったんだね…。

遺伝的にも食嗜好的にも血圧高めなのはしょうがないと思ってたけど、別の病気との兼ね合いで降圧剤を飲み始めたのがちょうど水分取れなくなった時期とモロ被り。
何なの、わたしって無意識で「意地でも血圧下げたくない人」なわけ?
泣く泣くローズマリー水を止めてから最初の検診、まだ「標準」には届かぬものの数値としてはだいぶ下がってて・・・いやいや薬も増量されてるし、ソレが原因の全てでは……
……自粛します……(泣)

やっと使いたいだけ使えるサイズになったら、使うに使えない事態になるだなんて…。
どこまでもすれ違う運命なのかしら・・・。




More
[PR]

by hibuchi | 2017-10-18 18:30 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

あくまでも「個人の感想」です

「ちゃんとしたお茶」は茶祖ゆかりの職場で毎日緊張感を持って煎れているので、自宅では急須すら滅多に使わない。
やかんで煮出すか、冷蔵庫で水出し。たまに気合いを入れてくつろぐ(矛盾甚だしい言い草)時は、台湾高山茶。
いずれにしろ、通年大量消費。

最近のヒットは水出しOKのさんぴん茶パック。
シーズン切替の値下げ品をさほど期待もせず買ったのに、あっという間に20リットル分飲み尽くす勢い。
補充が効くならまとめ買いして定番ローテ入り決定だわ。


…同じく「お試し」のつもりで(しかしこちらは結構期待して)買ったのに、即行で不良在庫化したのが「塩麦茶」パック。
ただでさえ汗かきなので、夏場のミネラル補給には申し分ないだろうと思ったけど、熱くしても冷やしても、猛暑日の屋外作業後ですら、どうしてもするりとは喉を通らず…。
「塩分」というより、大腸ファイバー検査用の下剤に通じる気持ち悪さを感じるんだよね。
番茶や黒豆茶とブレンドして、ようやく細々と消費…って、そんなら混ぜ物なしで番茶飲むわ!!


どーすべかコレ……と途方にくれてたんですが…

more
[PR]

by hibuchi | 2016-09-22 22:49 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

7月1日

今年は桜が漬けられなかったので、その分も(去年は「塩漬け」どまりで干すに至らなかった)梅でリベンジ!・・・と思っていたらば小人さんに先に収穫されてしまい、返せとも言えず悶々としていたところにヤマモモが熟れてきたのでよしこれで何か!!と一瞬燃えたが、繁茂しすぎたキイチゴ(これも今年はほんのちょっとしか食べてない・・・)に阻まれて簡単には近付くこともできずorz

ヤマモモ、今年は当たり年のようで通りすがりにも目を引くほどの実りっぷり。
しかしワタシはといえば強風で落ちた未熟果を「うわデカイ糞、どんなイモムシだ」と二度見してようやくそれと気付いたという・・・。
収穫は大変だし収穫期は超タイト、可食部分極小、美味いかと言われればさほどでもなく、さらにほぼ確実に虫がついている。・・・数え上げるほどにモチベーションが・・・・・・。
もうこのまま見て見ぬふりで、『収穫』は秋の石榴まで棚上げか・・・。
[PR]

by hibuchi | 2016-07-01 10:09 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

春節

・・・なので夕飯は水餃子。
たっぷりの椎茸と青梗菜とセロリの葉をみじん切り、ツナギ程度の少量の豚ひき肉と小ネタ・・・もといこね合わせたタネを挟んで二つ折りしただけのヒダなし餃子。がっつりにんにくダレもいいけど、今夜はレモン醤油でさっぱりと。

ミネストローネとか、作るメニューが先に決まってるわけじゃなく、店頭でよさげなセロリを見かけたから…という理由で購入する場合、買い物かごにはノータイムでカニカマも入るのが常だけど、最近では餃子の皮もレギュラー化。
ホントは香菜で作ればもっと美味しいかもしれない・・・とも思わなくもないけれど、『セロリの葉の有効利用』が第一義のレシピなので、香菜バージョンは未実装。
[PR]

by hibuchi | 2016-02-08 21:10 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

試行錯誤中

研修から帰ってきた上司が、満面の笑顔で言いました。
「出先に紅玉売ってたのよ~♪重いからこれだけしか買えなかったけど。・・・ハイ!!」(ずっしり)
ハイってアナタ・・・それはつまり、「アレ作れ」ってことですね・・・?

c0073332_15491897.jpg・・・作りました。

や、舌の肥えた年寄りから、こんなに熱烈にリクエストして貰えるってのはすごく名誉だしありがたいことなんですけどもね。
時間金額手間ともにローコストなシロモノですし。

[PR]

by hibuchi | 2015-02-20 17:21 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

冬バラ

ついに最後の鉢バラを枯らしてしまった…orz
残るは地植えのマジカルミラクルさん一株のみ。彼女は今年もメンテナンスフリーで絶好調でございます。
周囲の花生姜が枯れて視界が開ける今からがメインシーズン(ヲイ)。


c0073332_10563984.jpg…あらためて見渡すとやっぱり寂しいので、こんなん作ってみました。薔薇のアップルパイ。
スライスして煮たりんごをひも状にしたパイ生地にのせてぐるぐる巻くだけ、慣れれば生地から作っても所要時間1時間未満…のカンタン製法ながら、ハッタリの効く見た目と手ごろなサイズ、りんごと生地の分量のバランスも良い。流行るわけだわ。

とはいえいくら簡単でもやっぱりそれなりにコツというのはあるもので。写真のこれは第4ロットだったりします。
個人的にポイントをまとめると

・りんごは紅玉一択。調理は鍋より電子レンジ。しっかり冷やして水気を取る。
・生地はできるだけ薄く。成形中の熱ダレ厳禁。

・・・てなところでしょうか。
りんごの香り付けとか、焼き上げる温度と時間とか、追求したい箇所はまだまだありますが、とりあえず手持ちの紅玉を使い尽くしたので、今回はここまで。


…さーてこれから一週間は超デスマーチ……。
[PR]

by hibuchi | 2014-12-04 11:19 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

赤紫蘇砲

ペットボトルで冷蔵庫保存していた紫蘇ジュースを開けたらシャンパンのように蓋がぶっ飛んだ
いやもう弾丸のようなオニヤンマのような、物凄い勢いでしたよ。
蓋のネジが一回転するかしないかのところでぼひゅっという衝撃と共に手の中からキャップが消え、一瞬何が起こったのかわからず。間をおかず頭上と足元からゴン、カン、カロロロロ・・・・と音がして、見失ったキャップが転がってるのを見てようやく事態が理解できた。
醗酵することがある、というのは理解してたけど、持って内圧も感じなかったし、発泡してる様子もなかったんで完全に不意打ちでしたわ。
幸い、中身はもともと半分くらいに減ってたので噴出してそこらを汚すこともなく、ロックで飲むと微発泡しゅわしゅわがなかなかに美味。
もったいないような気がしたけども、一気飲みには量が多かったのでもう一度火入れして再貯蔵。
予想を超えた「醗酵」のチカラと、それをそ知らぬ顔で押さえ込んでたペットボトルのチカラにあらためて感歎。クリスタル○イザーすげー。見た目ペラペラのベコベコなのになー。

赤紫蘇を砂糖で煮て、レモンで色止めしただけの自作紫蘇ジュース。
はるか昔に亡き母が作ってて、めっさマズかったという記憶があったんだけど(ヲイ)、ふと気まぐれで作ってみたらばこれが意外なほど美味しかった。
最初のひと鍋分あっという間に消費してしまいそうな勢いだったんで、慌ててふた鍋分作り足し。
(ちなみにすっかり色が抜けてダシガラ状態の葉は、しょうゆ漬けにしたら結構薬味として再活用できた)
来年も作ろう…と現時点では思ってる。
レモンバームバーリーウォーターより簡単お手軽だし。
[PR]

by hibuchi | 2014-09-29 18:55 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

完☆敗

>今年こそは懸案のマーマレードに着手……できるといいな(遠い目)

貴重な休日を一日潰して挑みました。敗れましたorz

皮のオイルの強さナメてました…。半日水にさらして、三回茹でこぼして(茹で汁でぞうきん掛けして、台所はピッカピカになりました)、さらに三回水換えてさらして絞って…それでもエグみ(苦み、ではない)が取りきれなんだorz
…結局、完成品から「皮」部分を除去して裏ごし。「マーマレード」ではなく「ジャム」としてはまあまあの出来なれど、敗北感ハンパなし。
原材料はまだまだあるし、下ごしらえで皮を塩茹でするレシピなども発見して、次こそは…とリベンジ心は燃え上がっているのだけども…
……そもそもが私、マーマレードそこまで好きじゃないんだよな~~。つーかパン自体あんまり食べないし。
苺ジャムとかの10倍(当社比)以上の手間暇かけて、再挑戦する必然がはたしてあるのだろうか……orz
[PR]

by hibuchi | 2013-01-14 22:51 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

食うことだけは忘れない

インドな食卓…?あー、そんな頃もあったわねー(遠い目)。ずいぶんと遠い昔のような気がします…。

あれから怒涛のご多忙シーズンに突入いたしまして、毎食調理するだなんて夢のまた夢な生活をしておりました。
麺類(含ムインスタント)ORコンビニ飯、のイヤンな二択回避のため

・まとめ炊飯&小分け冷凍
→・とぎ汁で大根一本分下茹で
→・煮物数日分(ぶり大根・牛筋大根・豚バラ大根・おでん・豚汁・筑前煮等)
→大根の茹で汁をベースに汁物

…プラス野菜ジュース、の一択。あるぇー?


まーどうにかそんなこんなもひと段落つきまして、あとは普段通り……
……え?お正月?なにそれおいしいの??
ええ、普段どおりですともさ。片付けなんて昭和で止まってるわ(ヲイヲイ)



c0073332_22132214.jpg秋シーズンの収穫報告。
ざくろは少量づつですがウォッカ漬けと砂糖漬けを作りました。
ウォッカ漬けは三回ほど「追いざくろ」したので色出しがか~な~り濃厚。イイ感じです。
砂糖漬けの方は試験的に白糖で埋めてみたんですが、液化はしたけど色も香りもあんまり出なかった。
どっちも味は未確認。
生でも結構食べたし、おすそわけもバンバンしたんですが、後半かなり獲りこぼしました。
柿は・・・全滅です。全敗です。
全部ヒヨドリに先を越され、一個も収穫できませんでした。くそう来年こそは。
夏みかんはご覧の通りの大豊作…ですがいやー酸っぱい酸っぱい。
ここまでになますっつーか大根サラダで2個、蜂蜜と酢で漬けこんで3個消費しました。
今年こそは懸案のマーマレードに着手……できるといいな(遠い目)
[PR]

by hibuchi | 2012-12-24 22:21 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

プルースト効果

最近食卓が(なんちゃって)インドです。

ったってひとりメシの定番「野菜炒め」の味付けの話ですが。
時によって「バターと醤油」「ごま油とオイスターソース」「オリーブオイルと塩とレモン」「にんにく・しょうがと鶏ガラスープ」、あるいは漢らしく(?)「オタフクお好み焼きソース」とか「ダイショー味塩こしょう」のみ、などなどパターンはいろいろあったんですが、それがここんとこほぼクミンシード&一味ベース一択。
まずは油とスパイスを加熱してなじませてから野菜を投入、塩加減は仕上げで。野菜の種類や体調・気分次第でマスタードシードやカルダモン、トマト、ヨーグルト、ココナツ等のオプションが加わる事もありますが、基本はクミンですな。

ちょっと前までは塩麹ブームが来てまして、豚・鶏等漬け込んでおいたやつを焼いて脂を出して、その脂と塩気だけ(あとは酒程度)で調味オシマイ、ってのが続いてたんですが。何がきっかけで切り替わったんだっけ。

ともあれ、麹の焼けるまろやかな匂いから、ホコリっぽいような腋臭いような(ヲイ)スパイシーな香りにシフトしている今日この頃の台所です。

More
[PR]

by hibuchi | 2012-11-16 06:12 | 物欲記 | Trackback | Comments(1)