タグ:柑橘類 ( 15 ) タグの人気記事

完☆敗

>今年こそは懸案のマーマレードに着手……できるといいな(遠い目)

貴重な休日を一日潰して挑みました。敗れましたorz

皮のオイルの強さナメてました…。半日水にさらして、三回茹でこぼして(茹で汁でぞうきん掛けして、台所はピッカピカになりました)、さらに三回水換えてさらして絞って…それでもエグみ(苦み、ではない)が取りきれなんだorz
…結局、完成品から「皮」部分を除去して裏ごし。「マーマレード」ではなく「ジャム」としてはまあまあの出来なれど、敗北感ハンパなし。
原材料はまだまだあるし、下ごしらえで皮を塩茹でするレシピなども発見して、次こそは…とリベンジ心は燃え上がっているのだけども…
……そもそもが私、マーマレードそこまで好きじゃないんだよな~~。つーかパン自体あんまり食べないし。
苺ジャムとかの10倍(当社比)以上の手間暇かけて、再挑戦する必然がはたしてあるのだろうか……orz
[PR]

by hibuchi | 2013-01-14 22:51 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

食うことだけは忘れない

インドな食卓…?あー、そんな頃もあったわねー(遠い目)。ずいぶんと遠い昔のような気がします…。

あれから怒涛のご多忙シーズンに突入いたしまして、毎食調理するだなんて夢のまた夢な生活をしておりました。
麺類(含ムインスタント)ORコンビニ飯、のイヤンな二択回避のため

・まとめ炊飯&小分け冷凍
→・とぎ汁で大根一本分下茹で
→・煮物数日分(ぶり大根・牛筋大根・豚バラ大根・おでん・豚汁・筑前煮等)
→大根の茹で汁をベースに汁物

…プラス野菜ジュース、の一択。あるぇー?


まーどうにかそんなこんなもひと段落つきまして、あとは普段通り……
……え?お正月?なにそれおいしいの??
ええ、普段どおりですともさ。片付けなんて昭和で止まってるわ(ヲイヲイ)



c0073332_22132214.jpg秋シーズンの収穫報告。
ざくろは少量づつですがウォッカ漬けと砂糖漬けを作りました。
ウォッカ漬けは三回ほど「追いざくろ」したので色出しがか~な~り濃厚。イイ感じです。
砂糖漬けの方は試験的に白糖で埋めてみたんですが、液化はしたけど色も香りもあんまり出なかった。
どっちも味は未確認。
生でも結構食べたし、おすそわけもバンバンしたんですが、後半かなり獲りこぼしました。
柿は・・・全滅です。全敗です。
全部ヒヨドリに先を越され、一個も収穫できませんでした。くそう来年こそは。
夏みかんはご覧の通りの大豊作…ですがいやー酸っぱい酸っぱい。
ここまでになますっつーか大根サラダで2個、蜂蜜と酢で漬けこんで3個消費しました。
今年こそは懸案のマーマレードに着手……できるといいな(遠い目)
[PR]

by hibuchi | 2012-12-24 22:21 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

嫉妬するところではない…はず

ここ最近すっと「声はすれども姿は見えず」だったカササギ(カチガラス)
同じ町内の叔父んとこには来てるらしい。しかも三羽。
柿狙いらしい。
う、うちの柿だって色づいてきてるもんっ!!…いや、木の大きさが全然違うけど。
ヒヨドリにやられないうちに収穫したいもんだが、ウィークディは帰宅が日没後だからなあ・・・。

柑橘類もうっすら色づいてきた。
うちにあるのは橙・金柑・夏みかんの三種五株。
叔父んとこには文旦・橙の二株・・・・・・なんだけどキメラ的にいろいろ接木してあるので、収穫できる果実は7~8種類。今年もまた増やしたとか増やさなかったとか。
…私が真似したとしても、どれが継いだ枝だかわかんなくなって終了、なのが目に見えているのでパス。
う、うらやましくなんかッ・・・・・・ぐぎぎぎぎ。
[PR]

by hibuchi | 2012-10-26 06:48 | memo | Trackback | Comments(0)

ひとすじのみち

c0073332_23265135.jpg知人が昨秋の褒章で、瑞宝単光章(古い言い方だと勲六等)を受けられまして、本日はそのお披露目昼食会。
約40年間、保育ひとすじに歩まれたその業績を讃え、お世話になった現役組を中心にほぼ保育士ばかり(ワタシはおミソ)の和やかな集まりとなりました。

ふらふらと足元の定まらない私からすれば、ひとつの仕事を貫かれたというただそれだけでも驚嘆以外のなにものでもなく、ましてや40年などという歳月には想像すら及ばず。
良い席に立ち合わせていただき、深く感謝。


More
[PR]

by hibuchi | 2012-01-29 23:25 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

オワタ

とりあえず写真の羅列。
c0073332_1348571.jpgc0073332_13491673.jpgc0073332_13493791.jpg

左からディスタントドラムス、メアリーマグダレン、ハッピーチャイルド。
他、巨匠一門に(うどん粉だらけだけど)ベンムーン等、「香りのバラ」が次々開花してくれて嬉しい限り…
……だったんですが夏みかんが咲き始めたので、庭先での『バラの香り』はもうここまでorz
切り花にして屋内で楽しませていただきますです。

…二株植えた小玉スイカ・ブラックボンバーが二株ともダメにorz
どうもコガネコの仕業っぽい・・・・・・んだけど同居のアシタバだけはめさめさ元気。
アシタバに罪はないが、なんか悔しさ倍増。
[PR]

by hibuchi | 2010-05-07 13:45 | 園芸 | Trackback | Comments(2)

五月の空

文字通りの『五月晴れ』、こいのぼりの泳ぐ空にはツバメも舞いはじめ、陽射しは熱くはないが紫外線がおハダにチリチリ響く。うーん初夏。
…なのになぜまだそこにいるのだシロハラ(冬鳥)よ……。アンタおうち帰んなくていいの??

c0073332_8532553.jpgc0073332_8535566.jpgバラも続々開花。
四番目←はクラモエシースーペリア、そして五番目→は新人FL・フリージア。

いつもはやおきモエたんと、『早咲き芳香種』フリージア。
モエたんは昨年かなりパツンパツンに切り詰めて(購入時の4分の1以下)たので出足が心配だったんですが、むしろ枝を長く残してた葡萄紅よりも生育がいいです。
やっぱりバラは切ってなんぼ、でしょうか。少なくともチャイナさんたちは安心してガツガツ切り詰めて大丈夫みたい。
そして昨年、アイハラさんの『極上苗』としてやって来たフリージア…美貌芳香ともに文句なし!!
日当たりイマイチの一隅に置いてますが、ひと花開花しただけでぱあっと明るくなった感じ。やっぱり黄色い花はいいですね。
足元を見れば水仙とかカタバミとか(ジシバリとかの雑草系とか)『黄色』は結構目に入る我が家ですが、目線ちょうどぐらいの高い位置で咲いてくれるのはバラだけ。
…いや、『花』じゃなく『実』なら、柑橘類が何本もあるんですけどね。
ダイダイとか、そろそろ絞って冷凍しないとスッカスカになってる頃合かも。

さて、恒例
[PR]

by hibuchi | 2010-05-01 09:42 | Trackback | Comments(0)

れんきゅー

…に、世間は入ってるらしいですね(遠い目)

いやいや、私だって楽しみますよ、せっかくの開花ラッシュ。

c0073332_23425599.jpgc0073332_2343994.jpgc0073332_23432218.jpg

c0073332_23434760.jpgc0073332_2344168.jpg上段左からリトルアーティスト、マザーズディ、ペルルドール
下段バースデーパーティー、コルデスパーフェクタ


一気に開いて甘い香りを振りまく巨匠、春一番のエダシャク集中攻撃から無事復活してくれたオカン、今年もすくすくマイペースのタマコさん、無事セカンドシーズン突入のバーちゃんにコパさん…
…って連呼するとおのがネーミングセンスに失意体前屈orzですが、いーの結局短くなけりゃ呼びゃしないんだから(居直り)。これも放置同様、愛よ愛(…ってヤな愛だなオイ…)。

c0073332_23493173.jpg明日にはエンジェルフェイス、カミラ、タモラあたり開花してくれそう。
今年は芳純とアロマテラピーの強香頂上対決も見られそうで、楽しみ。

…ってコヤツ→が開き始めたので、いかな強香もかき消されてしまいそうでちょっと怖い。


さて、恒例
[PR]

by hibuchi | 2009-05-02 23:51 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

キタ━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━!!!!!

さっきの記事のあと数時間寝こけておりまして、すっかり日暮れてから外に出ましたらば

?(  ゚ ゝ゚)))クンクン この匂いは……(゚Д゚≡゚Д゚)

……咲いてました……夜目にも白い夏みかんの花が、一斉に……。

あー今年も強烈。せっかくのバラの季節だというのに、庭に出るのが少々怖い。
[PR]

by hibuchi | 2008-05-05 22:05 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

とろ~~~り

先日の蜂蜜が早くもひとビン空になりました。

…いやっ!!アカシヤ蜜260g、さすがにまだ「食べつくした」わけじゃないです!!
アコガレの「ハニーディスペンサー」を入手して、るくるくとそちらに移しただけですッ!!
…・・・まあ、その、ビンよりかなり容量の小さいディスペンサーにちゃんと収まったわけですから、ガツンと減ってたことは確かなんですが。
甘味料としてのみならず、納豆や味噌汁の隠し味としても使いまくったからな~…。

元々、砂時計とかオイル時計とかWin98のデフラグ画面とか(ヲイ)をぼーーーーーーっと眺めてしまう癖がありまして(サル…)。
ガラスびんからガラスびんへ、黄金色の液体がとろりとろりと渦を描いて流れ落ちるさまは本当に見ていて飽きませんでした。
時間がかかりすぎて、最後はちょっと腕がプルプルしてたけど(笑)
(最後の最後にビンに残った分は、熱い蕎麦茶でゆすいで美味しくいただきました。)

…で、その空いたビンに庭の夏みかんのむいたやつをぎゅうぎゅう詰めて、上からかぼす蜜をとろ~りと。
これまた粘度が高いので、一気には落ちずゆっくりゆっくり流れてゆくさまの美しかったこと。
液体が流れ込んでいく…というよりも空気が押し出されてくる…という感じで、果肉とビンの隙間を伝って上ってくる気泡がもう、もう…!!(陶然)
やっぱり最後は腕がプルプr(ry

今晩あたり、エキスが出た蜜をいったんとりわけ、新しい蜜を足してきっちり密封保存…
……するつもりだけど一気に食べ尽くしてしまうかもな。
[PR]

by hibuchi | 2008-03-21 13:35 | 物欲記 | Trackback | Comments(1)

とらぬたぬき

今年は果実の当たり年……に、なるんだろうか?

c0073332_854378.jpgてんこ盛りの蕾が、今はこんな姿に。グレープフルーツのように密生してます、橙。
摘果などはせずほったらかし、樹の自主性に任せます。さすがにこの数全てが熟すことはない…と思いますが……わからんもんなーコイツばっかりは。


c0073332_91336.jpgこちら去年は5個ほどしか実らず、しかも台風で大半だめになった石榴。
一昨年は大豊作だったので、これは文字通りの「表年」「裏年」だったのかな?と。
今年は期待させていただきます。


写真にも残ってますが、散った橙の花びらは茶色く縮んでまさに「廃物」の様相。
石榴の方は乾燥するほどに赤みを増し、つい拾い集めたくなる鮮やかさ。
黒石の玉砂利の上にはらはら散ったところなど、着物の柄にしてみたいような趣。
…見とれてないで掃除しろよ、と一応自らツッコんでおく。

[PR]

by hibuchi | 2007-06-08 09:17 | 園芸 | Trackback | Comments(0)