タグ:庭 ( 102 ) タグの人気記事

すれ違い・愛

世紀またぎで何度も何度も何度も何度も挑戦しては敗れ(枯らし)て来たローズマリーが、ようやく日常的な収穫・使用を躊躇しなくていいサイズに・・・!

c0073332_17120580.jpg
嬉しくてアレコレ使いまくりましたとも。
酢に漬けてリンス・ドレッシング、ウォッカ抽出で化粧水ベース、チキンもポテトもどんだけ食べたか。
しかし一番ヘビロテしたのは「氷」。
春~夏にかけて体調を崩し、水もお茶もスポーツドリンクも、頼みの綱の無糖炭酸水すらのどの通りが悪くなった時、文字通り「命の水」となってくれたのがローズマリー一枝と柑橘の皮OR果汁を漬け込んだ冷水。
長く(または大量に)漬けすぎるとしつこいけれど、軽く香りが移った水はするするとのどを通ってくれて、一時期はホントこればかり飲んでました。
体調が多少戻って他の飲み物が平気になってからも、入れる氷はこれを凍らせたもの。しまいにゃ自動製氷機の水タンクに直接枝を放り込むまでに・・・。
ありがとうローズマリー、愛してるよローズマリー、ずっと一緒だよローズマリー。
この蜜月はずっと続く・・・と信じていたんですけどね。

先日ふと『ハーブ 禁忌』で検索してorzってなりました…。
ローズマリー…キミ、クールに見えて血圧上げる系だったんだね…。

遺伝的にも食嗜好的にも血圧高めなのはしょうがないと思ってたけど、別の病気との兼ね合いで降圧剤を飲み始めたのがちょうど水分取れなくなった時期とモロ被り。
何なの、わたしって無意識で「意地でも血圧下げたくない人」なわけ?
泣く泣くローズマリー水を止めてから最初の検診、まだ「標準」には届かぬものの数値としてはだいぶ下がってて・・・いやいや薬も増量されてるし、ソレが原因の全てでは……
……自粛します……(泣)

やっと使いたいだけ使えるサイズになったら、使うに使えない事態になるだなんて…。
どこまでもすれ違う運命なのかしら・・・。




More
[PR]

by hibuchi | 2017-10-18 18:30 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

7月1日

今年は桜が漬けられなかったので、その分も(去年は「塩漬け」どまりで干すに至らなかった)梅でリベンジ!・・・と思っていたらば小人さんに先に収穫されてしまい、返せとも言えず悶々としていたところにヤマモモが熟れてきたのでよしこれで何か!!と一瞬燃えたが、繁茂しすぎたキイチゴ(これも今年はほんのちょっとしか食べてない・・・)に阻まれて簡単には近付くこともできずorz

ヤマモモ、今年は当たり年のようで通りすがりにも目を引くほどの実りっぷり。
しかしワタシはといえば強風で落ちた未熟果を「うわデカイ糞、どんなイモムシだ」と二度見してようやくそれと気付いたという・・・。
収穫は大変だし収穫期は超タイト、可食部分極小、美味いかと言われればさほどでもなく、さらにほぼ確実に虫がついている。・・・数え上げるほどにモチベーションが・・・・・・。
もうこのまま見て見ぬふりで、『収穫』は秋の石榴まで棚上げか・・・。
[PR]

by hibuchi | 2016-07-01 10:09 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

誰だ

三日ぶりの快晴に鼻息荒く洗濯物を干してたら、頭上でなにやら怪しの気配。
ヒヨドリ大の黒っぽい鳥が、茂みに突っ込もうとして派手に失敗、バラ(マジカルミラクル)の葉っぱ?咥えて屋根に戻り、そこからこちらをガン見。
・・・サイズ的にも行動パターン的にもツグミっぽいんだけども、全身どこにも白が見当たらない。胸元なんか鋳鉄っぽい鱗模様にも見える。しばし見つめあった後、「ジュッ」と声をかけてみたらこけつまびろつな感じですっ飛んでった。

・・・うーん、図鑑を見るに一番それっぽいのは・・・ホシムクドリ・・・?
いやしかし時期的にも地域的にも・・・どうなんでしょ。

しみじみ、何十年済んでてもまだまだ知らない生き物が沢山いるわぁ・・・・・・。
[PR]

by hibuchi | 2016-05-30 07:06 | memo | Trackback | Comments(0)

進捗

不法建築物その後。
粛々と施工は進み、本日時点で入居者アリ。
以前は視線が合うと慌てて逃走していたけれど、今日はバッチリこちらを視認警戒しつつも不動。
・・・これは・・・もしや、すでに・・・・・・?
二週間後が楽しみかも。
[PR]

by hibuchi | 2016-04-26 06:39 | memo | Trackback | Comments(0)

大丈夫だ、問題ない

c0073332_9193341.jpg気付けば庭の八重桜が満開。

…ということは
① 今年は塩漬け作れなかった
② これからお掃除地獄が続くぜフゥハハハーーー
ですなorz


さて数日前から、庭に不法建築物(笑)出現。
最初は風で飛んできたゴミが絡まっただけかとも思ったけれど、日々何者かが手を加えている様子。
銀木犀の枝の又、ビニール紐ベースの小ぶりでわりと雑(笑)な丸型巣・・・サイズでカラス・ハト除外、立地でスズメ、材質でヒヨ・ムクほぼ除外、丁寧さ(笑)でメジロほぼ除外・・・となると残る可能性は・・・・・・
昨日ついに現場確認。予想通り、モズでした。

いや、別に営巣されるのは一向に構わないんですよ?
元々ここらを縄張りにしてるのは知ってたし、エサも豊富だろうし。小鳥やカエル…はちょい困るけど、虫はガンガン獲ってもらったほうがありがたいし。
ただね、立地がね・・・。
勝手口真正面。風が強いと小物干しのパラソルハンガーがガンガン当たる枝。巣の位置は地上2メートル、ただし株元に1メートル弱の石灯籠。そして我が家は猫屋敷。
「事故」の予感が濃厚すぎる。

昨日ばっちり目が合ったというのに、今朝もまだ諦めず普請続行中の気配。
経過観察できるならワタシ的には幸せなんだけども・・・本当にそこでいいの??
[PR]

by hibuchi | 2016-04-18 10:36 | Trackback | Comments(0)

c0073332_9525925.jpgc0073332_953133.jpg


今年はポップコーンみたいに一気に弾けた感じ。
[PR]

by hibuchi | 2014-03-31 14:49 | Trackback | Comments(0)

そして放置

年度がわりのバタバタは毎度のことですが、今回はまたなんともはや……
……って外部環境の激動よりも本人の経年劣化が一番の重要ファクターだった気もしますorz
とりあえず、おひさしぶりです。あああ今年は桜を漬けそびれた~~~。

昨年崩壊したウッドプランターですが
c0073332_11295911.jpg・・・この春もこんな感じでナニゴトもなかったかのよーに咲いております(^^;
来春~再来春にはムスカリが脱走して庭じゅうにはびこりそうな予感。
…やっぱり私の場合は「放置」が一番『愛ある処遇』なのかもしれませんです…。


2~3日うちにはバラが咲きそうです。多分モリ子さん。
…昨年シャッフル&記憶リセットされちゃったので、咲いてくれないとどれが誰だか確定できない…orz
[PR]

by hibuchi | 2013-04-24 11:38 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

食うことだけは忘れない

インドな食卓…?あー、そんな頃もあったわねー(遠い目)。ずいぶんと遠い昔のような気がします…。

あれから怒涛のご多忙シーズンに突入いたしまして、毎食調理するだなんて夢のまた夢な生活をしておりました。
麺類(含ムインスタント)ORコンビニ飯、のイヤンな二択回避のため

・まとめ炊飯&小分け冷凍
→・とぎ汁で大根一本分下茹で
→・煮物数日分(ぶり大根・牛筋大根・豚バラ大根・おでん・豚汁・筑前煮等)
→大根の茹で汁をベースに汁物

…プラス野菜ジュース、の一択。あるぇー?


まーどうにかそんなこんなもひと段落つきまして、あとは普段通り……
……え?お正月?なにそれおいしいの??
ええ、普段どおりですともさ。片付けなんて昭和で止まってるわ(ヲイヲイ)



c0073332_22132214.jpg秋シーズンの収穫報告。
ざくろは少量づつですがウォッカ漬けと砂糖漬けを作りました。
ウォッカ漬けは三回ほど「追いざくろ」したので色出しがか~な~り濃厚。イイ感じです。
砂糖漬けの方は試験的に白糖で埋めてみたんですが、液化はしたけど色も香りもあんまり出なかった。
どっちも味は未確認。
生でも結構食べたし、おすそわけもバンバンしたんですが、後半かなり獲りこぼしました。
柿は・・・全滅です。全敗です。
全部ヒヨドリに先を越され、一個も収穫できませんでした。くそう来年こそは。
夏みかんはご覧の通りの大豊作…ですがいやー酸っぱい酸っぱい。
ここまでになますっつーか大根サラダで2個、蜂蜜と酢で漬けこんで3個消費しました。
今年こそは懸案のマーマレードに着手……できるといいな(遠い目)
[PR]

by hibuchi | 2012-12-24 22:21 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

嫉妬するところではない…はず

ここ最近すっと「声はすれども姿は見えず」だったカササギ(カチガラス)
同じ町内の叔父んとこには来てるらしい。しかも三羽。
柿狙いらしい。
う、うちの柿だって色づいてきてるもんっ!!…いや、木の大きさが全然違うけど。
ヒヨドリにやられないうちに収穫したいもんだが、ウィークディは帰宅が日没後だからなあ・・・。

柑橘類もうっすら色づいてきた。
うちにあるのは橙・金柑・夏みかんの三種五株。
叔父んとこには文旦・橙の二株・・・・・・なんだけどキメラ的にいろいろ接木してあるので、収穫できる果実は7~8種類。今年もまた増やしたとか増やさなかったとか。
…私が真似したとしても、どれが継いだ枝だかわかんなくなって終了、なのが目に見えているのでパス。
う、うらやましくなんかッ・・・・・・ぐぎぎぎぎ。
[PR]

by hibuchi | 2012-10-26 06:48 | memo | Trackback | Comments(0)

蓮の実

先日の記事でも書きましたが
今年は庭の蓮が好調でした。ちょうどお盆に花・葉・実とも揃っててくれたのは有難いかぎり。
まあ花はあっという間に散ってしまうし、お盆飾りはそのまま仏様のお土産と称して廃棄になってしまったわけですが

…よく考えたら実も食用だよね?

てーことで収穫してみました。

c0073332_1415219.jpgシャワーヘッドのような部分(『ハス口』とはよく言ったもんだと感心)をバラして取り出したのが緑色の実、その皮をむいたのが向かって右の白い粒。
この白いところが可食部分。エスニック食材とかで市販されてるのは、茶色くなった完熟果を乾燥させたものがほとんどですが、この状態で生食できます。
ほの甘くて、粉っぽいかと思えばジューシィ。「胚乳」って言葉がしっくり来るというか。
なんだろう、確かに「食べたことがある」味と食感なんだけどどう例えればいいのか。菱の実とか生栗とか、若い銀杏とか?
ともあれ、かなり好きな味。


分解は特に道具なしでイケました。
栗よりもライチとかアボカドを剥く感じに近いかな。皮に切れ目さえ入れば、実離れはいい。
薄皮が残るあたりはゆで卵っぽくもある。

で、さらに内部構造

c0073332_14395434.jpgc0073332_14393793.jpg

…写真では黒ずんで映っちゃってますが、果肉はホボ真っ白です。
中央部の『芽』、果肉に比べてかなり苦い(乾燥品では除去してあることが多いみたい)ですが、これはこれで良いアクセントで私は好き。
形状が、伸びてくる時のくるくる巻いた葉っぱの完璧なミニチュアなところに感動。


剥くのは少々手間ですが、予想以上に口に合いました。
わざわざ買い求めるかどうかはともかく、庭で採れるぶんには無駄にせず収穫しようと思った次第。
次は葉っぱで包んでおこわ炊きたいな。

More
[PR]

by hibuchi | 2012-08-22 15:14 | 園芸 | Trackback | Comments(0)