タグ:多年草 ( 15 ) タグの人気記事

開花続々

c0073332_20424942.jpg開花二番手はER・コンテドゥシャンパーニュ。
花径は少々小ぶりなれど、愛しのはちみつ色と香りは健在。良かった…。


c0073332_20464959.jpgそして三番手はMIN・テディベア。
これぐらいの開き具合のうちに撮っておかないと、次に見るときにはきっともう「開きすぎ」てるに違いない(確信)。
…他の株が元気な時に、いきなり原因不明で瀕死…を幾度も繰り返した「問題児」が、昨夏の大絶滅をしれっと生き延びするっと開花。ホントにこいつはマイペースというか…嬉しいけれど複雑。

明日明後日には姫やミサキ、ゴールデンボーダーも咲いてくれそう。
しかし今一番熱い視線を注いでいるのはバラではなく…
c0073332_20545649.jpgこちら。
4年越しで開花を待っている西洋シャクヤク・ドクターアレクサンダーフレミング。
毎年花芽とおぼしき物はつけるものの、生長せぬまま落ちてしまってました。ここまで「蕾」らしき姿に育ってくれたのは初めて。
鉢の位置を動かしたのが良かったのか、小まめな施肥が効いたのか…とにかく今年は、今年こそは「花」が見たいものでございます。
[PR]

by hibuchi | 2011-05-08 16:41 | 園芸 | Trackback | Comments(2)

ビフォーアフター

c0073332_19252827.jpg発芽から三年半、ついに単独鉢上げ。
夏の遮光も、冬の保温も、施肥も灌水もほとんどなーんにもしないまま、ゆっくりゆっくり地道に成長し続けております。


c0073332_17391790.jpgこちらも放置四年目。
今年もマイペースで咲いてくれそうな気配。
五年目のテタテート、かつてない花数でそれはそれは見事だったのですが、写真をとりそびれているうちに花期を過ぎてしまいました…ゴメン。


More
[PR]

by hibuchi | 2011-04-05 18:18 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

連休初日

c0073332_22112444.jpg開花三番目はミセスカズコ……
……だったんですけども、あまりにもアレな状態ですもんで画像は自粛。
かわりにこれまた昨年からの放置物件、無事冬越えして茂ってくれたブラキカム(その名も『モコモコ』)をお楽しみください。

More
[PR]

by hibuchi | 2010-04-29 23:15 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

びゅーてほーさんでー

c0073332_21381289.jpgc0073332_21382889.jpg足踏みしていたモエたん&ベニコさんが、一緒に開花。
じっくり仕込んだだけあって、よい仕上がりです。ほとんどカップ&ソーサーなモエたんなんて初めて見た。

c0073332_21474236.jpg蕾報告ももちろん続々。しかしそれより嬉しいものが。

シャクヤク・ドクターアレクサンダーフレミング生きてたー!!!

ほとんどあきらめていただけに、多幸感ハンパなし。もういいよ咲かなくても(いや、勿論咲いてくれればもっといいけど)。

ディモルホセカも芽吹いてきました。

[PR]

by hibuchi | 2009-04-12 21:57 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

リベンジの春

c0073332_11555578.jpgボロニア二種の寄せ植え、ただいま満開。

過去に何度か枯らしてしまい、自粛品種リスト入りしていたのですが、先日園芸店で店員さんに
『え…枯らす方が難しいですけどね…』と( ゚д゚ )ポカーンされてしまって(`・ω・´)メラメラしました。
『考えられるとしたら…土かなあ……』とのことでしたので、お店オリジナルの「オーストラリアンプランツ用土」も一緒に購入。さーこれでも枯れたひにゃ…
……『永久自粛品種』『自粛殿堂』入りですかねorz


さらに…
[PR]

by hibuchi | 2009-03-26 13:05 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

うつむく春

角々で沈丁花が芳香を放ってます。
大好きな花ですが、ご近所にこれだけあればわざわざ自宅に植える必要もないな。みなさまありがとう(何様)。

ここ数日20℃越えが続いてます。
ソメイヨシノの開花予想日は3/27(福岡)ですが、別種の桜はもうあちこちで咲き始めてます。
職場のサクランボはほぼ満開。山桜は三分咲きぐらい?咲き始めたユキヤナギが梅と一緒に花びらをはらはらとひらひらと。

日当たりイマイチな我が家の桜は、まだ綻ぶ気配も見せません。

c0073332_9502053.jpg『チットちゃん』こと水仙「テタテート」開花。
鉢物で唯一植えっぱなしにしていた水仙です。昨年よりちょっと小ぶりな感じですが、元気に咲いてくれました。
…小さい鉢であっても、「植えっぱなし」のほうがいいのかな~…と自問。
……少なくとも「掘り上げて忘れる」よりは全然いいだろう……と自答orz


c0073332_1002645.jpgというわけで(少なくとも私の場合)「『放置』は愛」ちゅーことでorz

[PR]

by hibuchi | 2008-03-13 10:02 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

花言葉は「忍耐」

↑ウソです。
でも調べてみても「内気」「清純」系と「勇敢」「不老長寿」系を双璧に、バラエティー豊か…っつーよりてんでばらばらに多数存在するようなので、『オレ的』花言葉ってことで登録してしまってもいいような。

c0073332_9495728.jpgシクラメン、ようやく自力で葉の上に顔を出してきました。
売り(?)の「香り」はあいかわらず感じられないんですけども、弁先の純白と根元のごくごくほのかなピンクが愛らしい。
って「贔屓目フィルター」今年も健在です(:D)♥
「二年目」を迎えてくれた花は、どれもこれも愛おしさ倍増(例外…トキワツユクサ)


c0073332_9591545.jpg『今の葉数では』葉組については深く考えなくてもいいよ、という友人の意見、今頃になってよーくわかりました。
これぐらい葉数が増えてくると、ただ大きい葉を外側へ引っ張るだけで簡単にひっかかって止まってくれるんですね。別に苦労することなかったんだ…。
プロのお仕事ほど綺麗なグラデーションには出来ませんが、とりあえず中心部の新芽にも光が当たるようにはできてるのでまーいいかと。


…ところで
[PR]

by hibuchi | 2008-02-28 10:31 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

ひさしぶり

…に、園芸ネタ。

c0073332_9494938.jpg発見から二ヶ月以上、シクラメンの蕾の今朝の状態です。
だいぶ色づいてキター…って白ですけどもね。「開花」までにはあとどれほどかかるのやら。


c0073332_9584718.jpgこちらも今朝の画像。ミニバラ『150円名無し』あらため「トオコ(仮)」。
ほんっとーに年中途切れず大ぶりの花をつけてくれます。この子は掘り出し物だったわー。
他にマザーズディ、ニキータ、粉粧楼が一輪づつ「半開き」の寝ぼけ顔で咲いてます。
夏負けしたか秋は全敗だったクラウディアが、まるで苺のように赤くて大きな蕾をつけていて、切らねばと思いつつもつい愛で中。
[PR]

by hibuchi | 2008-02-16 10:05 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

先達あらまほしき

どどどうしたら(・ω・;)(;・ω・)と焦っていたら『商業園芸』をきちんと学んだことのある友人から「焦らんでよろし」とメール。
湿気に気をつけ、よく日に当てていれば葉組みについては今のところ深く考えなくてもいいと。ありがたや~~~。

シクラメンはかもされやすいらしい。
以下、彼女のメールより引用。

>実習温室のなかに何千と並んでいるシクラメン鉢の何百個に一つかは、まるで夏の台所のゴミ受けの様に細菌でぬるぬるしていた。
>シクラメンの実習は週に二回位だったか。
>液肥をやるたび、葉ぐみをするたび、必ず何個か温室の外へ放り出した。
>経営、効率、利益等と、黒板上で習っても生き物を棄てる後ろめたさが付きまとった。
>綺麗に咲きあがって出荷されるとそんな思いも無くなってしまうけど。


『夏の台所のゴミ受け』……り、臨場感……。
[PR]

by hibuchi | 2007-12-11 13:43 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

こ、これはっ

二週間ぶりの休日だ~。
自宅で浴びる日光だ~~(*^_^*)

…や、体調はどん底なんですけどね…orz
ようやく摘めたサフランで茶煎れて啜ろう…。

c0073332_15282825.jpgところで私、シクラメンの「葉組(株元の小さい葉にも日があたるよう、大きくなった葉同士を絡めて配置替え)」が苦手というか、よくわかりません。
とりあえずかき分けたところで発見したコレは、蕾だと思うのですがどどどうしたら(・ω・;)(;・ω・)

[PR]

by hibuchi | 2007-12-09 11:27 | 園芸 | Trackback | Comments(0)