タグ:リトルアーチスト ( 40 ) タグの人気記事

愛(≒放置)の果て

c0073332_858471.jpg掘り上げも施肥もせず3年目突入の球根寄せ植えプランター、今年もケナゲに咲いてます(^^;
こちら初年度、
こちら2年目の様子)
ムスカリがあまりに伸びすぎてジャングル状態だったので、他が芽吹く前に一度ざざっと散髪(1/3ほどの長さで葉をカット)したのですが、あまり開花には影響なかったような。
・・・やっぱり私は下手な手出しをせず、『自力』に期待するというのが『正しい』園芸方針なのかもしれない…。



…とか韜晦してたら、巨匠のトレリスがついに倒壊orz
こ、こちらはさすがに放置ではどーにもこーにも……。
[PR]

by hibuchi | 2010-03-23 09:09 | 園芸

そろいぶみ

c0073332_1037111.jpgc0073332_10374848.jpg
リトルアーティスト(巨匠)&粉粧楼(3号・アイハラ株)。陶酔の春。

巨匠、購入時にはまだ劣るかもしれませんが、これだけ咲いてくれれば本望です(*´Д`)ハァハァ 
色も香りも葉のツヤも文句なし。
そしてルーたん…昨秋購入後ほぼ剪定なし放置だったので、古い葉が残っていて(勿論粉も吹いていて)株全体の状態としてはベストとは言えないのですが、や、やはりこの花数は…(*´Д`)ハァハァハァ
店頭で時々見かけるように、巨匠同様のミニトレリス仕立てにしてみようかという誘惑がじわじわと。


c0073332_10543990.jpgc0073332_10551450.jpgc0073332_1055417.jpg左・リトルアーティスト
中・ソフィーズパーペチュアル
右・ペルルドール

c0073332_1059931.jpgc0073332_10593698.jpgc0073332_10595871.jpg左・賽昭君
中・タモラ
右・テディベア(三日め)

あーもう萌え死ねそうな今日この頃。
今朝は他にティファニーとミサキ、マザーズディ、メッシーナも開花。
[PR]

by hibuchi | 2008-05-09 11:03 | 園芸

彼岸過迄

暑さ寒さも…と申しますけども、昨日今日と寒かった。てゆーか風の強さが半端なかった。
甘く見て薄着して、どうも風邪を引き込んだような。
節々が痛いのは先日の階段落ちによる打ち身だとばかり思っていたのに(いや、それもあるとは思うけど)…。

c0073332_11583788.jpg巨匠も順調にワサワサしてきました。
萌え萌えの新芽はちょうど木の芽(山椒)のようで、ちょっとかじってみたくなる。


c0073332_1211448.jpgc0073332_1202223.jpgムスカリ青・白と咲いてます。水仙・チューリップにも蕾が。

c0073332_1213616.jpgチューリップ…見たところ、黄色の八重…か?……ハテ誰じゃろう。



さて春彼岸といえば種蒔きシーズン

…なのですが……どうしようかなー今年…。
プラン真っ白。今からやっつけで考えるよりも、ここは勇気ある撤退…か?
[PR]

by hibuchi | 2008-03-20 23:38 | 園芸

即効

休日が雨だとがっかりします。
行楽なぞ望まぬ、洗濯…洗濯をさせてくれ~~…(TΔT)

ともあれ、鋏片手にバラの様子を見てまわり、今年初めての液肥を与えたのですが


今朝見てどびっくり。「芽」だったものが、のきなみ「葉」か「枝」になっている!!
弟子一同なんか「ツンツン」から「ワサモサ」に!!!

いくら動きの早いミニバラとはいえ…… ( ゚д゚;)
○イオゴールド様すげえ…と言うべきか、普段どれだけ飢えさせてるんだよ…と己にツッコミ入れるべきか。
[PR]

by hibuchi | 2008-03-10 15:03 | 園芸

「よし、わかったッ!」

「しゅみえん」見ると石坂金田一シリーズの加藤武氏演じる等々力警部の如くこう↑思ってしまうのですが、イザ鋏を手にしてバラの前に立つと、やっぱりなんにも分かっていない自分がそこにいるわけですよ。
どーしたもんか剪定&誘引。
三年目の巨匠、いよいよトレリスにはおさまりきれなくなってきたような…。
[PR]

by hibuchi | 2008-01-06 21:43 | 園芸

ひとだんらく

c0073332_9494257.jpg


今朝の「通りすがり」は葡萄紅・ベンムーン・リトルアーティスト・ピンクアーティスト。
…巨匠と弟子2号の見分けがほぼつかなかったり(^^;まー、よくあることよくあること。

日中はまだまだ暑いのですが、車中放置の花が半日ではパリっとは乾かなくなってきました。
日は確実に短くなってるし、やはり季節は進んでます。

……ていうか「秋」省略して冬が来そうで怖い…。
[PR]

by hibuchi | 2007-10-02 09:58 | memo

きまぐれ姫

c0073332_10115796.jpg今朝はいつになく香りが強くてびっくりした『姫』。
今咲いているのは2輪ですが、最近ずっとぽちぽち途切れなく花をつけ、色・サイズとも安定。
断定するのはフライングすぎでしょうが、評判は伊達ではなかったようで。…だんだん愛着増して可愛くなってきました。

c0073332_10344876.jpgc0073332_1035552.jpg「マジックアーチスト」なのか「リトルマジック」なのか、名称はっきりさせてくださいHITAXさん…な弟子三号。
巨匠や二号・ピンクは花弁数が安定しませんが、この三号は完全にシングル咲き。キパっとした五弁花でイチゴのように清楚。

[PR]

by hibuchi | 2007-06-27 10:46 | 園芸

モロモロ処理

・安曇野がチリチリに枯れ込んでしまって丸坊主orz
小さすぎる素焼き鉢が原因の水不足かと。わずかに残った『芽とおぼしきもの』を頼りにばっさり刈り込んで日陰養生。助けてメネデール。

巨匠の「自主リストラ」もちょっとえらいことにorz
ハダニ被害もあった模様。…でも枝先は青々花花。

・懸案の20メートルホース(これまでの灌水?「バケツ&ひしゃく」です)&シャワーヘッド購入。ハダニ発生株、片端から「下から強シャワー」。弱った葉&駐留軍(スパイダース)もかなり吹っ飛んでったが、気にしない(遠い目)

・ノブオさんにマメコガネが。…託児済みでないことを祈る。

・マメさん鉢は蟻の巣と化していた模様。とりあえず水攻めしたが…「アリの巣コロリ」必要か?
[PR]

by hibuchi | 2007-06-18 11:05 | memo

禊と衣替え

昨年に続き巨匠、黄変落葉祭り突入。
初年度はすわ黒点病とパニクりまくりましたが、どうも病ではなく「自主リストラ」のような気が。
落ちているのは九十九折に誘引している、その「折り返し」部分の重なった葉ばかり。
他の葉は相変わらずツヤツヤと美しく、新芽はバンバン蕾もドンドン……どう見ても健康そのもの。
きっと梅雨に向けての風通し改善シェイプアップ大作戦…なのでありましょう。
薄い液肥をあげながら、しばらくは見守り態勢。

一方ルーたんは早くもハダニ祭りに突入の模様orz
少々の表土流出と落葉にも構わず、流水&指でゴシゴシと全身洗浄。
枝葉が太く厚いがっしり系品種にも試したことのないスパルタを、何故最初に繊細かつ溺愛の品種に施すのか自分…ってそれは蕾とトゲがなく、かつスペアがいるから(^^;&枯らしてしまっても必ずまた買いなおすからorz
ルーたんが平気だったら、次はベンちゃんだな。
[PR]

by hibuchi | 2007-06-02 09:55 | 園芸

続々

エスキモー、葡萄紅、エッコ咲きました。ディスタントドラムスにもまた蕾。

ここからが長いんだよなマリたんは。
とタカをくくっておりましたらば。

c0073332_20404187.jpg一夜にしてすこんと開いてくれちゃいました。
一番花よりふたまわりほど小ぶりで、ピンクの色味はなし。ステムが細く、うなだれて咲いてたので撮影が大変。
まー昨日はつるっと30℃越え、「真夏日」どころか「猛暑日」にも手の届きそうな陽気でしたでのぅ。のんびりじっくり開いてなんぞはおられまいて。

『姫』ぼちぼちと咲いてます。
似てると思ったら、巨匠とは血縁(?)アリでした。
交配親の片方が共通…ってことで、単純計算でDNAの50%を共有してると思っていいわけですね?やはり門下に数えても問題なさそうな。

…ただ『片親が同じ』とは言っても単純に腹違いタネ違い…ではなく「オマエの父はオレの母」状態なので、ドラマ的にはかなり複雑なモノが捏造できそうですw
[PR]

by hibuchi | 2007-05-28 20:59 | 園芸