タグ:ハーブ ( 40 ) タグの人気記事

ポチっとな

c0073332_9334756.jpgc0073332_9341070.jpgミスジェサップ、一輪のみの初開花。
グレーに近いほのかな紫。可憐。

大好きなのにどうしても上手く育てられません…ローズマリー。
昨年購入分、トスカナブルー・モーツァルトブルーは枯らしてしまいましたorz
生き残りたちも、徒長したり枯れ込んだり…。ううう、今年はどうにかしてやりたい。
ラベンダーたちも……生存率7割切ってますorz

そんな中、今年もにょきにょき花芽をつけてくれているケナゲな庭のデンタータちゃんが愛おしいです。
でも感謝はしても熱愛は出来ない…ごめん、ごめんよ……。

More
[PR]

by hibuchi | 2007-03-23 09:47 | ハーブ | Trackback | Comments(0)

小人さん

手入れの行き届かないヲーナーには任せておけぬと、うちの庭には時々小人さんが現れます。
今日は、先日ちまちまっと筆塗りしたわたしを嘲うかのごとく、庭じゅうに合剤噴霧していってくれました。
なるほど、筆塗り(8倍)ではさほど感じなかった硫黄臭、噴霧(80倍)だとけっこうクルんだなー。

小人さんは雑草をむしったり、剪定したり、水撒きしたり消毒したりといたれりつくせり。ありがたいことでございます。
わたしが大切に育成中の植物(主にハーブ)が雑草と見做されて綺麗に「おかたづけ」されてしまうことも多々ございますが、恨んだりはいたしません。
恨みませんよ
恨みませんとも。ええ決して。


…暖冬で、ようやく越冬に初成功♪しそうだったレモングラスが……
こぼれ種で更新できそうだったオレガノが………'`,、'`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、'`,、……

[PR]

by hibuchi | 2007-02-12 23:42 | memo | Trackback | Comments(0)

七草

子供の頃はあぜ道と畑で調達し、前夜に茹でて叩いて(この時唱える『呪文』もまだ覚えてます)茹で汁を入れたお風呂に入って……とフルコース堪能していた七草粥ですが、今年はフリーズドライで手抜き。
いや、今だってちょっと探せば庭で調達出来ちゃうことはわかってるんですけどねー(^^:

c0073332_11555599.jpg←探すまでもなくあちこちに群棲している「はこべら」。
おひたしやサラダに美味です。
…や、この辺では「ひよこぐさ」と呼んで、鳥の餌として扱うのが普通でしたが。ひよこ(ニワトリ)はもとより、文鳥・十姉妹・セキセイインコなどにも大好評だったなー。


ところでこの茂みに隠れるようにして、コリアンダーが芽を出してました。
春に芽吹けずに眠っていた種か?梅雨前に枯れたと思ってたけど、宿根してたか??
…どっちにしても、たいした根性だ……。全く、何故に『播かぬ種』しか育たんのだウチは…orz
[PR]

by hibuchi | 2007-01-07 12:05 | ハーブ | Trackback | Comments(0)

そして よが あけた !

昨日のしおしおのぱー組、揃って復活。
朝の灌水よりも、午後の強めの夕立の効果のような気もするが、イヤ頑丈。シワシワになってた黒トマトの未熟果も、またぱっつんつるつるに。う、羨ましいわその復元力…。
ただやはりトラウマは被ったのか、バジルに花穂が。ん~もう少し生葉を楽しみたい…のでチョッキン。

昨日のバラ達もチョッキン済。
花びら少な目かと思ってたルーたん、けっこうみっしりつまってたようで。開き進むにしたがって、それこそ花子ちゃんで作ったかのようなフワフワまんまるに。
ここまで花びらがそっくりかえるのは、ウチではルーたんだけかもしれない。…一度は自然に散るまで枝につけっぱなしにしてみたいが、株が小さいので負担が不安。楚々としたたたずまいもいいが、もっと太ってくれ、頼む。
[PR]

by hibuchi | 2006-08-22 10:10 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

タイミング2

manyaさんとは蝉ネタでよくカブる…(笑) まあ近所なんだから当たり前と言えば当たり前だけど。

今日も灰になりそな上天気です…。水遣り省略なんぞしようものなら、ソッコー逝ってしまいそな陽射し。

…や、その、もう逝ってしまったものも…複数……orz

c0073332_17293391.jpgc0073332_1729468.jpg
←在りし日の姿(4月下旬)


トリカラーセージ、ゴールデンタイム、斑入りマジョラム、ゴールデンセージ…ローズマリーとの寄せ植えにしていた斑入り連中、全滅。
単品植えのコモンセージ、シルバー&オレンジバルサムのタイム呉越同舟、ラベンダーと同居(白花)・バラ(MM)のそばに地植え(赤花)のクリーピングタイムなどは元気なのだけど…。
あ、もひとつ地植えのコモンタイムは花ショウガ包囲網で現状確認不能。生きてるかな~…。
王子(センテッドゼラニウム・プリンスルパート)もアウト。まあ最初から虚弱ではあったが…。『ニセ王子』ことライムも気息奄々。この系統は弱いのか?ローズとアップルは「ぜっこ~ちょお~!!」なんだが。
…そうそう、病気もせず水も肥料もさほどほしがらず(やれよ…)、手がかからないためスタンド下段隅で放置状態のアップルゼラニウムは、つい表層意識から消えがちなひと鉢ながら、横を通ると必ず服のすそにあたって、ふわ~~と香りで自己主張してくる。
立ち話に夢中な飼い主の足元でぐるぐる回ってる小型犬とか、タテ運動しながら母親のスカートを引っ張る幼児とかを思わせて、いじましく愛らしい。ここにいるよ~~こっち見て~~~、って。

…えーと何の話だっけ…。

……あ~、ここまで順調(?)に育ってくれてる…と思ってたルバーブが、ここに来て一気に枯れモードorz
葉っぱが黄変してトロけるように消えていく……。こんなことなら、せめてひと枝『試食』しておけばよかった…。
あと、ラスト1のミストラルもどうやらもうダメ…みたい。
「(黄バラなら)わたしがいるからいいじゃない」とばかりに隣でコーネリアが咲いているのだけど…色目としてはぼんやり系のコーちゃんよりも、キパっとしたレモンイエローのみっちゃんのほうが好き…だったよーな気がするの(;_;)

まあ、その、なんだ。手を広げすぎてる自覚はあったので…。
これも天の配剤……ということで…・・・・・・ ・ 

………ゴメン(T△T)
[PR]

by hibuchi | 2006-07-28 09:19 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

7月

降ればどしゃ降り、照ればカンカン照りとメリハリ利きつつ湿気でじっとり…来たよ来たヨ熱帯気候……。
まだちまちまと咲きつづけてはくれてますが、ミニバラたちにはそろそろ養生してもらわんと。
チョッキン&プシュプシュですよ。
c0073332_1721060.jpgc0073332_1722913.jpgc0073332_1724330.jpg


c0073332_1782339.jpg一方、コチラようやくの初開花。
ハーブのポットマリーゴールドで~す♪
……とも言うが、まあ「キンセンカ」ですな。仏様のお供え花の定番ですが、ウチでは亡くなったばーちゃんがキライだったってことで、除外品。
ちなみにもひとつ定番の「ケイトウ」はひいばーちゃんが嫌ってたってことで(以下略)

[PR]

by hibuchi | 2006-07-01 17:11 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

敗北宣言

朝食はみょうがのお粥でした。

とまあそれはさておき

早春から始めた初年度園芸、現時点で明らかに「失敗」したものも多々(…)アリ。反省をこめてここらでリストアップ。

<種から>
※発芽せず
タイムクレスルッコラについては、明らかに「種が古かった」のだろうと(^^; 軽く4~5年、下手すりゃ10年ぐらい放置してたヤツなので…。アスターもそのクチかも。2年は経ってた。
オキシペタラムは…不明、としか…orz秋にリベンジ予定。

※発芽したが定植に至らず
サマーサヴォリーやつしろ草、種も小さく芽も細く、下手にいじったらソッコー枯らしそうでビクビク見守るばかりであった…。もっとガスガス間引いて、バカスカ日に当てた方が良かったのかも。
逆にスパルタに過ぎた(?)のが、チャイブキャットニップ。ポット上げがいかにも早すぎた…。
あと、我が庭で仮想敵として最重視すべきはナメクジであるようだ…。バジルキンセンカ紅花トマティーヨあたりは完全にこやつらの仕業。
コリアンダー…は、ヨトウムシ……かなあ?一本消え二本消え、とうとう「誰もいなくなった」orz
こちらは秋にリベンジ…するかどうか微妙。

<苗から> 
購入時からひよひよしていたレモンバジル、活着しないまま喰われて果てたっぽい。一緒に植えたダークオパールはどうにか収穫に持ち込めそうなので、やはり苗自体が弱かったのだ…と思うことにする。思わせといてくれい(T-T)
ギョウジャニンニクは植えた場所が悪かった…かと。完全日陰で、猫の通り道では育ちようもなかったろう…スマン。
一方でスウィートウッドラフ…屋内管理ですくすく育っていたのに、クマリンの香りは猫にも魅力的だったのか、かじられ引き抜かれて果ててしもうたorz
やんちゃ盛りのちび猫どものちょうど目の高さ…では、手を出すなという方が無理。おねいちゃんの配置ミスであったよ…。
ラベンダー・ドームブルー……手の施しようもなく枯れ込んできたので、最後の手段と強剪定して植え替え…を試みたが、灰化。多分このままLOST、ナムー。
根鉢がね…最初のポリポットの範囲から、全く成長していなかった。土が悪かったのか??でもホボ同じ条件で植えたラバンディンやローズマリー達はゼンゼン元気なんだが…。

他にも「これ、詰んでない?」な盤面のモノが数種あるが、継闘中。

さて…発芽・育苗は順調(?)だったのに、花は全く見ないままで終わってしまいそうでビクビクだったマリーゴールドですが、ようやく一輪のみ開花。
c0073332_10523786.jpgc0073332_10524729.jpg
…え~と…キミ、誰??

「ハーレクイン」にも「バニラ」にも見えない…。つか、もしかしてこれは「がく」で、中心部でつんつんしてるかたまりがこれから展開して花弁になるのか??
どちらにしても確認不能。何故なら、この状態で根元からポッキリ逝ってたから。
猫どもよ…・・・・・・orz
オレガノも、株元をトイレにされて現在HP1。
[PR]

by hibuchi | 2006-06-13 10:58 | 園芸 | Trackback | Comments(2)

もろもろその後

c0073332_11421741.jpgカモミール・ダブル、こちらが「正解」かと。中心部はほのかにグリーンで、たいそう好みの花です。可愛い。
例の「花弁なし」(花芯のみ)タイプも、あれで「彼なりに正解」なのらしい。一株まるまる、咲く花咲く花全部アレ。…確かシーズン最初にグッディで買った苗…だよな。
ティーには使えそうにないが、切り花としてはけっこうイケてるかも。

ナスタチウム6号開花。2号とうりふたつの花でしたので写真はなし。
さてあと二株…「赤」は現れるでしょうか?

たくさん咲いてくれたボリジ、「切り戻し」を試みたら、茎がすっかり空洞化していた。ここはすっぱり諦めようと引き抜いて処分。
足元で、小さくなって遠慮しいしい同居していたナスタ二株、ここから爆育…とかは難しかろうなあ。いいよ、君らに花は期待していない。
[PR]

by hibuchi | 2006-06-13 09:40 | ハーブ | Trackback | Comments(0)

もろもろ開花

c0073332_1123388.jpgc0073332_11235097.jpgc0073332_11243120.jpg

チャイブ・ラベンダー「グロッソ」・ローマンカモミール開花。
いずれも苗からながら、手元で開花にまでこぎつけたのは初めてのものばかり。

グロッソは香料用に栽培される品種だというけれど、今のところあまり香りを感じないような…。
デンタータ、レディ、ヒドコート、グロッソと4種ものラベンダーが咲いてくれたこの春は我が人生最良……と言いたいところながら、花後のレディと活着すら怪しかったドームブルーがホボ危篤状態の現在、ヨロコビよりも後悔と無力感が先に立つ…orz
地上部10分の1、地下3分の1に切り詰めて小鉢管理中。おりしも入梅、ただでさえラベンダーにとっては最悪の季節…はたして生き延びてくれるやら…。


c0073332_11445872.jpgローマンカモミール、地植えのせいかジャーマンに比べごつく逞しい印象の花…。
期待の八重品種の方は沈黙中。…というか・・・もしや、コレ→がそうなんだろうか?
花弁がちーとも見当たらない「花」がいくつも…。
カモミールの勢いに負けて辺境に押しやられた感の強いマジョラム、あの独特の『結び目のような』蕾を大量につけているものの、まだ花弁はのぞいてない。


c0073332_11492986.jpg巨匠を舞台に丁々発止の戦いを続けてきたチュウレンジハバチ、ミニバラ「UNKNOWN」ちゃんでこっそり孵化していやがったorzいつのまに…。
速攻捕殺。…や、透き通った緑の身体に黒いアタマ、単体として見れば可愛いムシなのだけれど(親御さんの黒とオレンジの配色も実はかなり好きなんだけど)、現状バラの方が優先順位が上なのじゃよ~~(泣)

…ところでUNちゃん、Lv.1へっぽこビショップの鑑定眼で見る限り、どうもアポロだったようですな。ちょっとがっかりめの結果。
ジュピターさんもいることだし、6株はいかにも多すぎ。来年は嫁入り先を模索せねばなるまいか…。
[PR]

by hibuchi | 2006-06-08 09:19 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

植えた草にも育ってほしい

c0073332_22231079.jpgヒソップ咲きました。
見事に「東向き」のみの開花。…たしか枝をぐるっと取り巻くように咲くもんだと思ってたんですが…。

c0073332_22262543.jpgクラウディア、ラストの蕾。
これまでで一番メリハリの効いた色遣いになってますが、さてどんな感じに咲くかしら。

c0073332_22283147.jpg
ハイサイ3兄弟2番手、アポロ。い~い色になってきました。
…って、この写真の蕾は『修正済み』。粉とアブラ(虫)でデロデロな1番外側の花びらをむしったあとだったりします。
みっちゃんと違って、うちに来てから上がった蕾なので『贔屓目フィルター』の厚みもUp。

[PR]

by hibuchi | 2006-06-01 22:36 | 園芸 | Trackback | Comments(0)