<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

花言葉は「忍耐」

↑ウソです。
でも調べてみても「内気」「清純」系と「勇敢」「不老長寿」系を双璧に、バラエティー豊か…っつーよりてんでばらばらに多数存在するようなので、『オレ的』花言葉ってことで登録してしまってもいいような。

c0073332_9495728.jpgシクラメン、ようやく自力で葉の上に顔を出してきました。
売り(?)の「香り」はあいかわらず感じられないんですけども、弁先の純白と根元のごくごくほのかなピンクが愛らしい。
って「贔屓目フィルター」今年も健在です(:D)♥
「二年目」を迎えてくれた花は、どれもこれも愛おしさ倍増(例外…トキワツユクサ)


c0073332_9591545.jpg『今の葉数では』葉組については深く考えなくてもいいよ、という友人の意見、今頃になってよーくわかりました。
これぐらい葉数が増えてくると、ただ大きい葉を外側へ引っ張るだけで簡単にひっかかって止まってくれるんですね。別に苦労することなかったんだ…。
プロのお仕事ほど綺麗なグラデーションには出来ませんが、とりあえず中心部の新芽にも光が当たるようにはできてるのでまーいいかと。


…ところで
[PR]

by hibuchi | 2008-02-28 10:31 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

たまわりもの

wwktさんお手作りのせっけん&お菓子をいただいてしまいました。ああああありがとうございます~~~~♪
ブログで拝見して気になっていたものばかり、ラッピングも綺麗。特にこちらの「いちごみるく石鹸」の可愛らしさと来たら、もうもうもう…!!
写真に収めようと努力はしたのですが、どう頑張っても魅力を伝えきれないorz
成分&季節的には、まずこれから使ってみるべき?という気もするのですが…ダメだ勿体なくて封が切れない。もうしばらくは眺めて楽しませていただきますです。使用感は後日順次。
本当にありがとうございました。
[PR]

by hibuchi | 2008-02-26 00:40 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

そうだ、京都へ行こう

仕事の都合で延び延びだったお休みがようやく取れたので、昼からちょろりと電車でお出かけしてきました。
いいですねえ金閣寺。外装よりも内側がステキ。夜に、篝火か蝋燭の灯りで見てみたいものです。

c0073332_1410377.jpg…いえ、↑のタイトルは省略入ってまして。
正確には「そうだ、(太宰府の九州国立博物館の『)京都(五山 禅の文化展』)へ行こう」です。
(京都観光はしたことがございません。過去に二度ほど上洛経験はございますが、いずれも日帰りで一回目は動物園、二回目は博物館に行っただけ、現地滞在時間は今日の太宰府行きとたいして違わない…どころかむしろ短かったかも。)
一方、太宰府は子供の頃から何度となく訪れたなじみの地。まずは天満宮参拝、色とりどりの梅も本殿脇の「飛梅」→もちょうど見頃でした。
陽気に誘われたか池では亀が早くも甲羅干し中。中門の屋根ではゴイサギがまるで作り付けの飾りのようにポーズをとっておりましたよ。

時間と体力が許せば、本殿だけでなく裏手の分社、穴場の山上のお稲荷さんまでぐるりと参詣したいところですが今日はパスして、光明禅寺の石庭でマターリ。
シジュウカラに混じってコゲラ発見。見かけたことは以前にもあれど、ドラミングを披露してくれたのは初めて。小さな身体に見合わぬ豪快さで、けっこう度肝を抜かれました。

[PR]

by hibuchi | 2008-02-22 22:06 | memo | Trackback | Comments(0)

スズメ?いいえ…

ケフィアです。

…じゃなくて(スイマセン一度言ってみたかった^^;)モズ(雌)とジョウビタキ(雌)でした。
前者は自宅、後者は職場で、至近距離(ほぼ目の高さ)をちょろちょろしていた。
どちらもきちんと見れば大きさといい色合いといいスズメとは似ても似つかない(…とまで言っちゃうと言いすぎかも)のに、周辺視野で漫然と眺めてると気がつかないもんです。
眼過線の黒(モズ)、翼の白紋(ジョウビタキ)が目に入らなければ、多分そのまま見逃してた。

まあ、なにごとによらず、「興味のないもの」は見てても見えてないよなー人間。



ナツメヤシに二枚目の葉が出てました。このまま露天放置でも平気そう。
[PR]

by hibuchi | 2008-02-18 15:12 | memo | Trackback | Comments(0)

ひさしぶり

…に、園芸ネタ。

c0073332_9494938.jpg発見から二ヶ月以上、シクラメンの蕾の今朝の状態です。
だいぶ色づいてキター…って白ですけどもね。「開花」までにはあとどれほどかかるのやら。


c0073332_9584718.jpgこちらも今朝の画像。ミニバラ『150円名無し』あらため「トオコ(仮)」。
ほんっとーに年中途切れず大ぶりの花をつけてくれます。この子は掘り出し物だったわー。
他にマザーズディ、ニキータ、粉粧楼が一輪づつ「半開き」の寝ぼけ顔で咲いてます。
夏負けしたか秋は全敗だったクラウディアが、まるで苺のように赤くて大きな蕾をつけていて、切らねばと思いつつもつい愛で中。
[PR]

by hibuchi | 2008-02-16 10:05 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

仕ご(ry

まるで日替わりメニューのようですが。

今日はツグミ祭りですよ。100羽近くうろついてます(゚囗゚;

窓の外には豊かな植栽が広がり、背後には大きな川が流れる『都会のオアシス』的職場。今は大量のクスノキがたわわに実る時期、そ~りゃあ鳥も来るわいな…という立地ではあるのですが。ホント、ここ数日のラッシュは凄い。

しかしツグミたち、ちょっと日が悪かったかも。
ここは寺町。そして本日は涅槃会。
朝からあっちの鐘楼こっちの鐘楼と鐘が鳴り、その度慌てふためくさま(スズメ等のように「いっせいにパッと飛び立つ」のではなく、地上でてんでばらばらにうろうろわらわら)がいかにもおのぼりさん臭くて笑えた。





…なんかここんとこ鳥ブログ化してますな。
[PR]

by hibuchi | 2008-02-15 10:52 | memo | Trackback | Comments(0)

だから、仕事し(ry

日中ちょっと雪がちらついたりもしましたが、今日は概ねよく晴れてます。
そしてめさめさ寒い。

昨日はシロハラ祭りでしたが、今日はヒヨドリが大挙して来襲。
赤いほっぺにつぶらな瞳で小首をかしげてる様子など、ヒヨドリもしげしげ見るとなかなか可愛い。
基本的に、地べたに降りるのはキライみたいですね。ハトやセキレイのように「歩いてる」ところ、スズメやシロハラのように「跳ねてる」ところはほぼ見かけない。

…なのにシロハラに追い掛け回されて、これまたいたるところでバトル。
「とりぱん」(とりのなん子)愛読者としては、ツグミ科がヒヨをいぢめまくる光景には激しく違和感。

そして至近距離でのバトルにも全く動じずマイペースを貫くメジロがある意味怖い。
[PR]

by hibuchi | 2008-02-14 14:14 | memo | Trackback | Comments(2)

仕事しろよ

今朝は久々、一面の雪景色。って一瞬で融けましたが。
融けたら5秒(って感じ)でワラワラと鳥たちが。
メジロの群れ(やつらは小さいくせに何故ああも空間占有率が高く、目立ちまくるのか…)に普段あまり見かけないシジュウカラが混じっていて、アップでゆっくり見られてラッキー。
いつもは一度に1~2羽ぐらいしか見かけない、「レア物」扱いのシロハラが、今日はまるでスズメかハトのように大量来襲。でもってまるでヒヨドリかカラスのように、そこらじゅうでバトル。
まあおかげで地上を跳ねてるときには目につかない「尾羽の外側の白」がしっかり視認できて、やはりあれはシロハラで間違いなかったらしい…と胸撫で下ろす素人同定だったりもして。
…もう2種ばかり、同じくらいの大きさの別の鳥も来てるんですが、そちらは未だ特定できず。
近視の上に動体視力も図形認識力も空間把握も弱いわたしでは、『遠目・逆光・高速移動中』の物体と図鑑の写真など比較しても概ねわけわかりませんorz
[PR]

by hibuchi | 2008-02-13 11:02 | memo | Trackback | Comments(0)

そしてまた、にちようび

はーーーーー…仕事がひとやま越えました。
いや、これから年度末~新年度と気ィ抜く暇はないんですけどもさ。一応、ひとやま。

そして予想外の好天にも恵まれた本日。
嬉々として洗濯&庭仕事にいそしみましてございます。
バラの植え替え、安曇野・カミラ・ピンクアーティスト・リトルマジック・アポロ・粉粧楼(ルーたん2号)。
剪定、賽昭君・ペルルドール・姫・ソフィーズパーペチュアル・リトルアーティスト(巨匠)。
「完了」には程遠いけど「がんばりました」とだけは言える。


…つか、まーそのなんだ、また「やりすぎた」きらいはなくもがな。皆様みごとにつんつるてん。
あったかくなったら速攻で肥料を与えねばなるまいて。

More
[PR]

by hibuchi | 2008-02-10 20:29 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

にちようび

…えーと、結局、予定は何もこなせないままの週明けです。
バラの剪定・植え替えをするつもりが、何故か梅の枝すかしに燃えて日が暮れたり。
探しものは見つからず、結局力技で無理矢理解決(できたからよかったけど)したりorz
………何故かアクリルたわしがまた増えてたり………。

先日、気まぐれに庭木にミカンを刺してみたら、5秒でメジロが来てたいそうビビりました。
その日は「可愛い~v」「癒される~~v」…でしたが、なんかだんだん強迫的になってきましたよ奴ら。
おかわり出さないと許されない雰囲気つーか。
本格的に「餌付け」してしまうと、こんだーキミらがエサになってしまう恐れがあるのだが…。
[PR]

by hibuchi | 2008-02-04 19:26 | memo | Trackback | Comments(0)