<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

<村正?>

本などで見て「イイナー(はあと)」とか思っても、店頭ではもちろん通販カタログでもあんまり見かけない品種ってあるじゃないですかー。
そーゆーのにバッタリ出会ってしまったら……あなたな~ら どうする~~~?

ええ、ワタシの場合は、言うまでもありませず…。
掴み買いです。ミニバラ・スパイシーミニジェット。
露天放置で、植え替えも冬剪定もされてなくて、値札も実に強気なお値段のまま…だったのがレジで7割引、帰宅してから整理した枯枝だけでビニール袋に一杯…というシロモノでしたが、ぶっといシュートが何本も天突いてて、イヤ元気元気。
鮮やかな黄色で、その名の通りスパイシーな香りがするそうな。楽しみ~♪

……や、もしかしたら、タグ間違い……という可能性もなきにしもあらず。てゆーかそっちの可能性の方が高いかも。
あの店、輸入苗のルビとかそーとーヘンだし…。
まーよろし。早ければ2ヶ月後には答が出る……だろう。多分。
[PR]

by hibuchi | 2007-02-27 18:25 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

…来たか?

…もういい。来ちゃったもんはしょうがないと諦めよう。
ウェルカム、春。

c0073332_18393622.jpg衝動買いの集積だけど、まあまあ見られる姿になってるかな?という唯一の鉢。
ビオラ二種とデイジー、マーガレット、シロタエギクの寄せ植え。

長年見るともなしに眺めてはきたけれど、きちんと『見た』のは初めてであろうビオラ。やー、こんなに丈夫で長持ちな花だとは思わなかった。


c0073332_18515581.jpgこれまた毎年見ていたはずの、玄関先のヒイラギナンテン。
こんなに香る花だったっけ??とびっくりです。
花かんざしも見頃。他にもオオイヌノフグリ、ホトケノザ、シロカキグサ、年々種類が増えてってる気がするオギザリス等『植えてない花』花盛り~~。


……そして
[PR]

by hibuchi | 2007-02-27 08:20 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

球根明暗

水仙、リップヴァーンに続いて、サーウィンストンチャーチルにも花芽確認。ってこちらもまだ草丈5センチあるかないかなんですが。
ひっくり返された白ヒヤシンス、植え替え。こちらもう花は望めないだろうな…。じわじわ花芽を伸ばしてきているシティーオブハーレム(黄)に期待。
チューリップ…年末に植えた追加分は全球無事発芽。寄せ植えに使ったモンテカルロとバタリニーブライトゼムも元気。
しかし九月に早々と植えてしまったスプリンググリーンとアントワネットは……orz
現在の発芽は2/5と3/5。ただしどっちがどっちかは咲くまで不明(^^;
思い余って掘り返してみたら、3球はカンペキ腐ってました。1球は表面ズルズルながら芯はまだしっかりしている感じだったので、洗って(今週のモーニング「美童(みやらび)物語」の洗骨シーンを思い出しました…)別鉢に移してみた。あと1球…は残骸すら発見できず。
……次から植えつけは12月以降、を心掛けよう……。
地上部がすっかり消えていた寄せ植えのチューベローズ、遅ればせながら堀り上げ。今年開花できるかどうかは疑問ながら、生きてはいる様子。後から単独植えした方はまだ青々と葉をつけたまま…なので、もーこのまま植えっぱなしでいってみようかと。掘り上げた3球も、植えつけは6月で充分か。

…ところでチューベローズと寄せ植えしていた「一年草」リトルチュチュが青々したまま越冬しそうな件。
欠いた脇芽を挿しておいた黒トマトと、抜きどきを逃したバジルも同じく。
………とりあえず水だけはやって、経過観察…。
[PR]

by hibuchi | 2007-02-25 15:57 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

雑景

だいぶ日の出が早くなりました。
布団から出るのは楽になったけど、庭の様子が目に入りやすくなり、つい足を止めてしまう頻度が上ってるので、トータル『遅刻リスク』には変動なし(ヲイ)。

花の終わりかけた白ヒヤシンス鉢が猫にひっくり返されましたorzまーそろそろ植え替えて肥培するかと思ってたところではあるけれど…。
c0073332_9172725.jpg一方で、沈黙を守り続けていたリップヴァーンに蕾(だよね?)が♪
高さ10センチ足らず、わーホントちっちぇ~~。ビオラに見下ろされている(^^)
…ホントにこれで咲くのかドキワク。




それはともかく
職場の桜(さくらんぼ)咲いた~~~!!早!!!
[PR]

by hibuchi | 2007-02-22 09:57 | memo | Trackback | Comments(0)

袖を引く

残業明け、自宅への最後の角を曲がったところでふわりと迎えてくれた香り。おお、咲きましたか、お隣りの沈丁花。
今日は16℃、明日は17℃越えの予報。…これで寝てろったって、そりゃ無理な話でしょうよ…。

というわけで、かなり気合を入れて刈り込んだつもりのバラたちは毎日目に見えてワサワサモワモワに。
弟子1号はひと枝に4~5本、元の枝の3倍はあろうかという芽を膨らませ、剪定しなかった3号・白にはそれと同じぐらいの数の蕾が。
そしてミサキにはうどん粉、マメ(仮)さんにはアブラーですよorz
[PR]

by hibuchi | 2007-02-20 22:30 | memo | Trackback | Comments(0)

ケータイ換えました

c0073332_9493978.jpgてことで新機種にての初写真。
……やはり問題はハード(カメラ性能)ではなくソフト(撮影者)にあることが証明されましたが、さておき。

先日購入したミニバラ・アンドロメダ。
本来「白(ほのかにグリーン)」のバラなんですが、この鬼暖冬も温室育ちにはやはり「寒い」らしく、ピンクが強く出てます。
まるで春先のオールドローズのような風情(色・花容・香り)がエモイワレズ。

[PR]

by hibuchi | 2007-02-18 09:57 | memo | Trackback | Comments(0)

迷いのない貴女

マダムは今日も果断でありました(゚囗゚;@NHK「もっと知りたい趣味の園芸(生活ホットモーニング)」
私、まだまだまだまだ∞甘い…?もっともっと切らなきゃ、お花、咲かない……?
と不安になるほど。

いやいやいや!駆け出しどころかはいはい以前のひよっ子の分際で、大・大・大ベテランと己を引き比べようなんてー方がおー間違いなんですが。
つーか先日の「しゅみえん」視聴後にばっさばさ切り詰めた(当社比)皆様、すでにほとんど旧に復してらっしゃるんですが~~(;´Д`)

……まー、うちにいるのはほとんど四季咲き、ほとんどミニ。春の一番花を逃したとしても、切り戻して秋に賭けるテもあるさね……と韜晦してみるorz
[PR]

by hibuchi | 2007-02-17 00:13 | memo | Trackback | Comments(0)

小人さん

手入れの行き届かないヲーナーには任せておけぬと、うちの庭には時々小人さんが現れます。
今日は、先日ちまちまっと筆塗りしたわたしを嘲うかのごとく、庭じゅうに合剤噴霧していってくれました。
なるほど、筆塗り(8倍)ではさほど感じなかった硫黄臭、噴霧(80倍)だとけっこうクルんだなー。

小人さんは雑草をむしったり、剪定したり、水撒きしたり消毒したりといたれりつくせり。ありがたいことでございます。
わたしが大切に育成中の植物(主にハーブ)が雑草と見做されて綺麗に「おかたづけ」されてしまうことも多々ございますが、恨んだりはいたしません。
恨みませんよ
恨みませんとも。ええ決して。


…暖冬で、ようやく越冬に初成功♪しそうだったレモングラスが……
こぼれ種で更新できそうだったオレガノが………'`,、'`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、'`,、……

[PR]

by hibuchi | 2007-02-12 23:42 | memo | Trackback | Comments(0)

頭文字D.D

いくら写真や映像を見ても、本物の色目や質感とはやっぱり違うもんですね。
『黒龍』があんなにも、あそこまで、まるでビニール紐のごとくに真っ黒だったとは。店頭で見かけて度胆を抜かれました。

……という前フリをしておきながら

図鑑やカタログで見て、そのとても微妙な色合いに激しく惹かれつつも樹高等モロモロ鑑みて敬遠…していたはずのバラの苗に偶然出会ってしまい、脊髄反射的に即ゲット。
…う~わ~~、どう見ても剪定にはノコギリ必須!な逞しさ。養いきれるんだろうか…orz

More
[PR]

by hibuchi | 2007-02-12 22:32 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

ぬくいぜ

太宰府天満宮のカメも元気に泳ぎ回るド暖冬でございますですよ。

そのうち枯れるだろうと露天放置のナスタ6号は、水はけも日当たりも最悪のはずの環境下でべろべろ伸びまくりばこばこ咲きまくってます。春先の一喜一憂は何だったのだと小1時間問い詰めたい気分。

c0073332_1629985.jpgこちらボリジと同居してた株の、春には咲かなかった方…だと思う。ほとんど茶色のシブい色合い。霜降具合がなんかアブチロンっぽい。


白ヒヤシンスは満開…越えて、そろそろ花がら摘みが必要な頃合。でもまだボコボコ花芽出して来てます。おおぅ看板に偽りなし。
ビオラもちょこっと切り戻したら、ま~たばかすか咲くわ咲くわ。
もうダメかと思ってたチューリップが今頃芽を出して来たり、芳香性ムスカリに蕾がついたり、なにかと楽しみ……な一方、寒の戻りと害虫がめさ怖い。
合剤はアブラーには無力なのね…マメ(仮)さんがえらいことになっていた。おお慌てでテデトール。
[PR]

by hibuchi | 2007-02-10 16:56 | 園芸 | Trackback | Comments(0)