<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ルーたんのこと

c0073332_2115540.jpg

写真下手…orz

wwktさんは「粉姫」という可愛らしい名で呼んでくださった粉粧楼(Fen Zhang Lou)、ウチではぐっとくだけて「ルーたん」と……あるいは、最近ではさらにその……ばっちゃま……とか呼んでおりました。
ワタシのネーミングセンスに関しては、で悟って、諦めていただくとして。
前の蕾をボーリングさせてしまった後、雨風を防ぐため、よく繁っていたマザーズディの風下へ移動。このポジションチェンジをおかんガードと呼んだのがそもそも…orz
幸いおかん(スマン)は良く頑張ってくれて、豪雨のあとでもほとんど水滴がつくことはなくなったルーたんですが、今度はお粉をふきはじめ…みっちゃん(=ミストラル)たちに有効だった(様な気がした)介護用除菌ティッシュで毎日拭っているうちに…その……。
一応、我が家で唯一の「オールド」ローズでもあり。花期が終わったマザーズディのうらぶれ具合が「子を守る母」から「介護疲れの主婦」っぽくなったこともあって(ますますスマン)……ついつい、「ハイハイおばーちゃん、お水ですね?今お持ちしますからね~*」「あらあらおばーちゃん、またお粉がついてますよ~。キレイキレイしましょうね~~*」などと話しかけてしまうように……orz

今回の開花で心を入れ替えるかと言えばそうでもなく。花びらの繊細さも、うつむき加減に咲く姿も、化粧品を思わせるゴージャスな香りも、やっぱりどこか老女の趣き…のような。
爆育して、これでもかとばかり咲きまくってくれればまた印象も変わるのでしょうが…。ルーたんの明日はどっちだ。


さてそれはそれとして
只今大人気、美しく香りも良い『イングリッシュローズ』の数々、街で見かけるたびに人目もはばからず「くんかくんか、うっとり」の繰り返し。また最近はけっこうアチコチの園芸店で扱ってるのですよコレが…。
昨日もくじゅうでたくさん見て嗅いで、もはや馴染みの「ラジオタイムズ」と初見の「ヘブンリーローズ」にノックアウト。開花株を売ってた「ペガサス」からは必死にわが身を捥ぎ離すようにして帰ってきた…ところに、ルーたんの予期せぬ迎撃を受けたわけで。
ルーたんにはひとつジンクスというか『願掛け』というかが乗せてあったのです。
(上記以外にもヘリテージ、シャリファ・アズマ、アブラハム・ダービー等々、生で見て嗅いで魅了されなかった品種のない)絢爛たるER様方に激しく誘惑されつつも、これまでどうにか財布を開くことなく来れたのは、『粉粧楼すらきちんと開花させられないくせに、身の程知らずな…!』との自省が鍵だったのです……。
ルーたん……開花はとても嬉しいが、鍵まで開いちゃった気がするよ……orz

あああ…当分園芸店には近寄れない。春の花期が過ぎるまでは…。
[PR]

by hibuchi | 2006-05-29 16:25 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

留守家庭こども会

昨日一昨日と一泊二日の社員旅行に拉致参加。
温泉、宴会(酒&カラオケ)、どうぶつ植物合掌造で石焼豊後牛…と面子以外は私のために組んでくれましたか??なステキ旅程。盛りだくさんに大分路を楽しんでまいりました。

…高校のプチ同窓会(花見リベンジ)、行きたかったなあ…(ぽそ)。

さて、留守にするとなれば置いていくものたちが気にかかる、頼める家族のいない一人暮らし。
梅雨時でも真夏でもなし、一日二日大丈夫だろうとは思いつつもビクビクなのは鉢物初心者だから。
猫なら1週間ぐらい放置してもまあ大丈夫(ヲイ)なんですが。あとのフォローは面倒ですが。

というわけで、ドキドキのチェックタ~イム。

c0073332_1241550.jpg
97円にて購入の見切り苗、自称『黒トマト』が結実♪
…や、この二つ以外に蕾も花芽も…どころか新芽の伸長すら見いだせないあたりが『見切り品』のゆえんやもしれませんが。
お宝お宝。なんとしても収穫・賞味まで持ち込まねば。


c0073332_12836.jpg
春植え球根・チューベローズ発芽~♪
長かった…。あまりにも変化がないんで、水遣りを忘れないようリトルチュチュの開花株を植えたしてからでもゆうに1ヵ月。
死にかけミニバラ&チャイブ同様、そろそろこの鉢は元々リトルチュチュのための鉢だったのだとの自己暗示が必要かと思ってた…。
嬉しいです。踊りたい(カチャーシー?)ほど。
開花までの長く不透明な道のりや、ここには3球植えたことなどはとりあえず忘却の方針で。


c0073332_1330191.jpg
旅行前夜に届いた通販苗、セントラル・ローズの「マジカル・ミラクル」。無事そうでホッ。
…(釣書きによれば)最終的には半径1メートルの半球形にまで育つ、庭植え推奨のシュラブローズ。おまけにローズヒップが売りの品種なので、ようやく身についてきた『開花→花がら摘み』という「お手入れ」は不可。
…お世話できるのか、ワタシ…orz
イキオイで予約購入してしまった後、雨による生育遅れで発送予定がどんどん先送りされている間、たっぷりと後悔いたしましたとも。
でも花はとても可愛いです。早く植えつけしてあげないと。
…松がジャマだなあ…チッ(ぽそ)。


c0073332_1441933.jpg
そしてなにより嬉しかったのが粉粧楼開花~♪♪♪
まだまだ先だと思っていたところにふいうちのように香りが来て、ふりむけば日没後の薄闇の中でほのかに発光しているかのような白いかたまり。
買ってきてすぐの一番花に比べればひとまわり小さく、花色もグラデーションが弱くて全体にうすぼんやりした印象。
でも二番目・三番目の花をボーリングさせてしまい、ウドンコその他でいくつかの蕾をダメにした後とあって、まっとうに開いてくれただけでもう、もう…!!
何より、この香りをこんなに早くまた嗅ぐことができようとは思っていなかったので…容姿は二の次!よく頑張ってくれました~*

…いえ、もちろん、いいことばかりは続きませんで。
まりこ枯れましたorz
マリーゴールド、とてもよく発芽したのに花はひとつも咲かずに終わるのではないかと戦々恐々。
[PR]

by hibuchi | 2006-05-29 13:12 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

グリーンサム(条件付き)

c0073332_97493.jpgmanyaさんちにお邪魔して、ベランダのニゲラを見て来ました~。

生ニゲラとはホボ初対面、思ってた以上に面白い植物でした。
釣書見てもピンと来なかった見合い相手が、会ってみたら予想外にいい人だった…みたいな?(笑)
一見クールでメカニカルなのに、質感はデルフィニウムやポピーにも似た「クレープ処理済の薄手和紙」っぽいふよふよの花びら。自己主張激しいしべの形の面白さ。こう来たか!と驚かされる、想定外(笑)な実の形。
それでいて、背景に溶け込んで悪目立ちしない、繊細な葉。
イイわこれ…。来期は植えるぞ(拳)。

manyaさんとはちょくちょく遊んでるんですが、ベランダにまで侵入したのは何年ぶりですっけか…。
以前来たときは わ っ さ ー と繁り「シンボルプランツ」の風格あったアレカヤシ、このまま育てば「森」だぜよ…なライチの 実 生 苗 などは姿を消しておりました(一部、残骸がダンゴムシハウス化)が、本人「植えた覚えがない」というなでしこやら「勝手に越冬した」という(ニゲラもそうらしい)スイートアリッサムやらが咲き誇り、ウチからあげたものが元だというざくろの 実 生 苗 は針金かけして盆栽に仕立てられそうなサイズに育っており…なにより驚いたのが 「 金 鯱 」 

c0073332_946336.jpgc0073332_9471251.jpg
…コレもウチからあげたもの…って、本当ですか???!Σ( ̄□ ̄;)


…霧の彼方な記憶を検索するに、うん、確かに随分前にアロエと一緒に一鉢持ってきたよーな気はする。気はするがしかしいつのことだったか…前世紀の話なのは間違いないが。
でもって、持ってきたときのサイズはせいぜいがワタシの拳程度…だったような……??

亡父のサボテンコレクション(…というほど明確な意図の下に蒐集・管理されていたとは言い難い)はすっかり散逸・消失(…いえ、私が枯らしました…)したと思っていたのに、こげなところに生き残りがいたとは…。それも、こんなに立派になって……。
「度肝を抜かれた」というのが正直な感想でした。

manyaさんは昔から、食べ物屋に関しては神通力(?)を発揮する人です。
鬼太郎の「妖怪アンテナ」並に鋭敏な「うまいものセンサー」も驚異ですが、彼女が入店したとたん、それまで閑古鳥が鳴いていた店内がわらわらと埋まってゆき、下手すりゃ外に行列まで…という事態を何度目にしたことか。
ただしこの能力(?)、「客」も呼ぶものの「トラブル」も抱き合わせ。客または店員がコップ・皿などをひっくり返す、厨房から悲鳴が聞こえる、イキナリ停電する…等々もまた日常茶飯事。ま、私らに累が及ぶことはほぼないのですけれど。
…これと似たような作用が、植物にも及ぼされているのかもしれない…と、ちょと思いましてございます。

manyaさん、ニゲラ種が取れたらおすそわけプリーズ。
金鯱は返さなくて結構です。つか、返されたら困る。
[PR]

by hibuchi | 2006-05-26 20:58 | memo | Trackback | Comments(0)

ヒデ~~~

>救出間に合うか。

…ちょ~~~っと遅かったかもしれない…。
春化処理(※)してひと月放置してしまったラベンダー・ヒドコートの種。
おそるおそる冷蔵庫から出してみたら…

c0073332_22394657.jpg

すっかりも や し 。



水の入ったジップロックに入れて、冷蔵庫のドアポケットに入れといたのですが、翌日ホムセンで開花株購入してしもうて…。

※春化処理…人工的に冷蔵することで発芽や花芽の形成を促す処理。要するに、越冬してから春に発芽・開花する植物に季節を勘違いさせるワケです。チューリップなどでもやります。
冷す期間は、植物によりますがだいたい3日~2週間


…ザルな短期記憶がバグってる間に処理期間2週間+種まきから発芽までに要する2週間、も経過してしまい…水中で、そのまま発芽してしまったわけですね…ごめんなさいごめんなさいorz
と、とりあえず土に移してみますが……どうなることやら。
[PR]

by hibuchi | 2006-05-24 23:00 | スプラウト | Trackback | Comments(1)

チョ~ダ~~~イ

manyaさんちのニゲラ画像を見て、ムラムラと欲しさ再燃。

先月、布引ハーブ園の売店で一度はかごに入れたものの、検討の結果棚に戻した種の中にコレもあったのですよ。
秋蒔きで、翌初夏開花…だなんて「翌年度」の話、年度明け直後ではあまりにも遠く感じたのと、用途が「フラワーアレンジ・ドライフラワー(花)、ティー・ケーキ(種)←キャラウェイ代用」では「実用」することはほとんどあるまいというのが却下理由で、その時点では正しい選択だったと思うのですけどね。
こうも思いがけない方向からひょっこり現れられると、「運命?*」とか血迷いたくなりますw

同じ「検討」の「勝ち組」であるところのトマティーヨ(食用ほおずき)、ミニトマトとほぼ同じ扱いで発芽・育苗・ポット上げまではこぎつけたのですが、そこからがどうも…。屋外に出したとたんに食われました。虫か猫か不明orz
現在「最後のひと苗」が弱弱しくも生育中。がんばれ~~~。

…あ、もうひとつの「勝ち組」、ラベンダー・ヒドコートを春化処理のため冷蔵庫に入れたっきり忘れてました!!まさに今思い出したよ…。救出間に合うか。
[PR]

by hibuchi | 2006-05-24 08:31 | 物欲記 | Trackback | Comments(0)

そろいぶみ

c0073332_7131256.jpg


センゼラ一同、花集合。
やっぱりライムと王子(プリンスルパート)は微妙なサイズ差以外そっくりでした。
つか、形と大きさではアップル→ローズ→王子→ライム
色合いではアップル→王子→ライム→ローズ…とモーフィング出来そうな相似っぷり。

…色も形も大きさも違うはずの、当初から花を楽しみにしていた
アプリコットは??ねえねえアプリコットは???
現在、蕾の気配すらございません…。
[PR]

by hibuchi | 2006-05-24 07:20 | ハーブ | Trackback | Comments(0)

来た!

c0073332_20565465.jpg

開きました、クラウディア。
…と思ったら、もう開きすぎてる感じのもありますが。
もったいぶって焦らす割には、堕ちるのはあっという間なのだな、おじょーさま。

いや、でも、可愛いですヨそりゃあもウ♪
三月前には枯れ枯れのチリチリの粉粉のベタベタでヨレヨレだった子が、よくぞここまで…。
[PR]

by hibuchi | 2006-05-24 06:55 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

来た?


クラウディア、今こんな感じです。

c0073332_931650.jpgc0073332_932420.jpg


…なんか、ひと花ひと花色が違うのですよ。アプリコットに近いものからパウダーピンク、ちょっと黄緑がかったもの…どれをとっても本来の「緑~白~ピンクのグラデーション」からは遠いような。
ジュピターさんも「煮しめたような赤」色で蕾をふくらませているし…。

いや、どんな色であろうとも、咲いてくれるだけで嬉しいです。『贔屓目』フィルター補正済みで、可愛いですよそりゃあもう。
[PR]

by hibuchi | 2006-05-21 09:15 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

ロックオン

本日より「はな阿蘇美」のバラ祭り開催。
かしいかえん海の中道海浜公園、福岡市動植物園など、もっと手近にも「バラ園」はあります。
今年はシーズン中にできるだけ回ってみたい…と思いつつ、今日はお仕事。
来週は数年ぶりに復活という「社員旅行」にて拘束です。…いいや、行程にくじゅう花公園が含まれるらしいから。

ところで、職場のミニバラが開花。
c0073332_8542019.jpg
・・・栄養不足でこんな姿なのでしょうか?それともこういう品種?
ちょっとハートに直撃弾。…後日「剪定」と称して以下略

大輪のHTがイマイチ苦手なことは自覚してましたが、自分がセミダブルの平咲き~カップ咲きにこれほど弱かったとは知りませんでした。
ジュピターさんも6分咲きぐらいが一番好き。咲き進んで、これでもかとばかりに花弁を繰り出してこられるとちょっと引くというか。
「花びら特盛」が許容できるのは、ミサキのサイズが上限やもしれぬ(笑)

や、粉粧楼は「擬似シャクヤク」なので別格。
[PR]

by hibuchi | 2006-05-20 08:55 | memo | Trackback | Comments(0)

みっちゃん

c0073332_0313132.jpg

ミニバラ「ミストラル」初開花。
写真が下手でわからないと思いますが、爽やかなレモンイエローの可愛らしい花です。

死にかけ見切り品をホムセンから引き取って約20日。
枝を切り詰め、消毒し、キミはモスローズかね?というほど真っ白モワモワだった葉っぱを毎日一枚一枚除菌ウェットティッシュで拭き(笑)、チャイブ・マリーゴールドと寄せ植え、バイオゴールドを与え…ぐにゃぐにゃのステム上で、時々下を向いたりしながらも、どうにかここまで。よくがんばりました。
購入時からうずうずしていた『幻の切り取り線』にようやくハサミが入れられました(笑)。あとは花瓶で楽しませていただきます。
どうかこれが『最期のひと花』にはなりませんように…。
[PR]

by hibuchi | 2006-05-20 00:49 | 園芸 | Trackback | Comments(0)