丸くない

またも会期ぎりぎりで九博「新・桃山展」観覧。個人的な目玉は黒楽茶碗「ムキ栗」と等伯の「松林図屏風」。
もっと人が少なければ、天正少年使節関係の文書をじっくり流し読み(ラテン語なんて、時間をかけても数字や固有名詞を拾う程度しか出来ない)したかったところだけど、概ね満足。
さて天満宮にお参りして、限定のよもぎ餅食べて帰るか…と「虹のトンネル」に入ろうとしたところでふと気配を感じて左を見たら、手の届きそうなところにエナガの群れ。

…エナガ…だよね?スズメよりふたまわりは小さい白黒ボディに眉くろぐろ、尾羽は長くくちばしは小さく。人目を気にしない図太さと軽い鈴のような声。
サイズ的に間違いなかろうと思いつつも確信が持てなかったのは、丸くなかったから。
や、至近距離で見たのがマメ科の種子を啄ばまんと?ホバリングする姿で、枝にとまったりぶら下がったりした時の「ピンポン玉(よりだいぶ小さいけど)に尾羽」なシルエットとはかなり印象が違ったんだわ。

しかし小さい…。
鳥というより虫を見てるようなサイズ感&動き。いやむしろ甲虫類のほうが重量感あるかも。
などと考えながら5分以上立ち止まって眺めてたけど、他に誰も気付いたふうもなし。
…いや、不審人物から目をそらして通り過ぎてただけかもな…。




[PR]

# by hibuchi | 2017-11-25 18:33 | Trackback | Comments(0)

誰だ

台所の窓のむこう、窓枠とほぼ同じ高さのブロック塀(日ごろは「ねこ道路」)をちょいちょい茶色い影がよぎる。
すりガラス越しで細部はわからないが、スズメよりはひとまわり以上大きく、丸っこいフォルム。頭が黒っぽいのかな?羽裏は白く、ぴょいぴょい跳ねるように歩く。見た限りでは単独行動。
窓の内側なら少々大きな音も動きも無視、しかし窓を開けようとすると即逃走。
気になる…めちゃめちゃ気になる…!!



[PR]

# by hibuchi | 2017-11-20 14:05 | Trackback | Comments(0)

自分メモ

今シーズン初、ジョウビタキ(♂)視認。声は数日前から聞こえてた気がするんだけどね。

昨夜は久しぶりに「台風らしい台風」の通過で、枝葉の落ちっぷりが凄まじい。
根元の直径が7センチぐらいある、着生蘭つきのクスノキとか。
鳥たちはどこにいたんだろう。毎度のことながら、野生ってすごい。

[PR]

# by hibuchi | 2017-10-23 08:42 | memo | Trackback | Comments(0)

すれ違い・愛

世紀またぎで何度も何度も何度も何度も挑戦しては敗れ(枯らし)て来たローズマリーが、ようやく日常的な収穫・使用を躊躇しなくていいサイズに・・・!

c0073332_17120580.jpg
嬉しくてアレコレ使いまくりましたとも。
酢に漬けてリンス・ドレッシング、ウォッカ抽出で化粧水ベース、チキンもポテトもどんだけ食べたか。
しかし一番ヘビロテしたのは「氷」。
春~夏にかけて体調を崩し、水もお茶もスポーツドリンクも、頼みの綱の無糖炭酸水すらのどの通りが悪くなった時、文字通り「命の水」となってくれたのがローズマリー一枝と柑橘の皮OR果汁を漬け込んだ冷水。
長く(または大量に)漬けすぎるとしつこいけれど、軽く香りが移った水はするするとのどを通ってくれて、一時期はホントこればかり飲んでました。
体調が多少戻って他の飲み物が平気になってからも、入れる氷はこれを凍らせたもの。しまいにゃ自動製氷機の水タンクに直接枝を放り込むまでに・・・。
ありがとうローズマリー、愛してるよローズマリー、ずっと一緒だよローズマリー。
この蜜月はずっと続く・・・と信じていたんですけどね。

先日ふと『ハーブ 禁忌』で検索してorzってなりました…。
ローズマリー…キミ、クールに見えて血圧上げる系だったんだね…。

遺伝的にも食嗜好的にも血圧高めなのはしょうがないと思ってたけど、別の病気との兼ね合いで降圧剤を飲み始めたのがちょうど水分取れなくなった時期とモロ被り。
何なの、わたしって無意識で「意地でも血圧下げたくない人」なわけ?
泣く泣くローズマリー水を止めてから最初の検診、まだ「標準」には届かぬものの数値としてはだいぶ下がってて・・・いやいや薬も増量されてるし、ソレが原因の全てでは……
……自粛します……(泣)

やっと使いたいだけ使えるサイズになったら、使うに使えない事態になるだなんて…。
どこまでもすれ違う運命なのかしら・・・。




More
[PR]

# by hibuchi | 2017-10-18 18:30 | 園芸 | Trackback | Comments(0)

自分メモ

今シーズン初のキンモクセイの香り・・・
・・・という投稿が一年ぶりであったことに驚愕。

いろいろあったんや・・・。

[PR]

# by hibuchi | 2017-10-07 15:24 | memo | Trackback | Comments(0)