sakura

福岡の桜はジャストナウ満開。明日は雨になるらしいので、花見は今日がラストチャンス…
…だったかもしれないけど、まーいーや。通勤途上と仕事中の窓越しで十分お腹いっぱい。

…いや、仕事中は花より鳥を重点に見てるかもしれない。
蜜を吸いに来るメジロにヒヨドリ、「吸う」のが下手で蜜のたまった花首を直接食べちゃうスズメ、巣作り中で手ごろな枝を折りに来るカラス。なかなか飽きません。
スズメは花を「食いちぎって落とす」んですが、移動は軽やかで「振動で散らす」ことはほとんどなし。
なのにスズメより軽いはずのメジロと来たら、まー動きの乱暴なことよ。
蜜を吸っても花は散らないけど、移動するたびばっさばさと…。
じゃあスズメより重いヒヨドリは?というと…これがまた不思議なほどに散らさない。
観察するに、メジロはなまじ軽くて小回りが利くがゆえにほっそい枝先をちまちま移動するためテコの原理でぶいぶい揺らし、一方ヒヨドリはそれなりの太さのある枝に陣取って、届く範囲の花を次々攻めるためあまり大きくは動かない…この差ですかね。
意外にお行儀いいぞヒヨちゃん。ていうかメジロが(ry

さて我が家の桜もそれなりに開花…してたことに何日も気づいていなかったのも例年のこと(^^;
液肥をやったり草むしりしたりと庭でマターリ…していたら、ちょいと見慣れない鳥が。
スズメより一回り大きいくらいの、アイラインと小さなトサカが魅力的な茶系のおしゃれさん…が二羽。「チッ」「チッ」と鳴き交わしてるので多分つがい…ってこたー雌雄同色なのね。
パッと思い当たる鳥としては…ヒバリ?や、でも歩かず跳ねて移動してたしなー…確信ナシ。



※4/9追記※

某所で助言をいただきました。
かの「トサカつき」はヒバリではなくカシラダカ、かな?
地鳴きと「跳ねる」がビンゴっぽい。囀りにも聴き覚えが。
このへん参照)
いやー、本当まだまだ身近に知らない生き物がいるんだなーと感動。
[PR]

by hibuchi | 2008-04-05 22:23 | memo | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://hibuchi.exblog.jp/tb/8598986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]