にょきにょき

c0073332_1118438.jpgおひさしぶりのニキータさん。
ちょい黒星出ましたが、「それが何か?」って感じでスクスク伸びてポコポコ蕾を上げてきてます。
丈夫で、よく伸びて、香り最高。ちょっと褪色したときの朱色も好き。

下は根っこ(ゴミ)から再生中の小ネギ…ではなくて(笑)、昨年度サフラン。
こんなんでも見てると頬が緩みます。今年はもう咲かなくてもいいから、太ってください。
[PR]

by hibuchi | 2007-11-08 11:30 | 園芸 | Trackback(1) | Comments(3)

トラックバックURL : http://hibuchi.exblog.jp/tb/7372016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from サボテンダーのいる庭 at 2007-11-20 10:11
タイトル : ニキータ
ひぶちさんのニキータの方が好みの色ですわー*... more
Commented by wwkt at 2007-11-20 11:02
こんにちは!おひさしぶりです。
コメントありがとうございますm(_ _)m
というわけで「ニキータ可愛い」でTBさせて頂きました*
いいお色ですね〜!秋にはぴったりですし、形も可愛いです(ウチのよりも〜+)
ところでひぶちさんは香りのバラを色々お持ちなので、ぜひ伺ってみたいのですが、
アロマテラピーとの比較でニキータの香りはいかがなものでしょうか?
文章で香りを表現するのは難しいので、こんな質問ですみません(汗)
ちなみにウチのサフランは長梅雨の時期にカビさせてしまって、やり直しだったりしますよートホー。
ひぶちさんはさすがお上手に育ててらっしゃいます。
私もサフラン肥え祈願させて頂きますねw ではでは〜*
Commented by hibuchi at 2007-11-20 15:27
おひさしぶりです~*
球根とか子猫とか、肥えてほしいものはちっとも肥えず我が身ばかりが(ry

香りの件ですが、ニキータとアロマテラピーが同時に咲いて嗅ぎ比べ…は確かしたことがないような気がするので話三分の一ぐらいで聞いてください(ハートもヘッドもチキンな申年生)。
小さいのに超・正統派な「バラの香り」なニキータさんよりは、も少しフルーツ寄りの甘さと爽やかさがありますアロマテラピー。
顔近づけてくんかくんかしたときの強さは同格ですが、距離を置くとアロマテラピーの圧勝。でもドライにしたときの持久力はニキータの方が上。
…こんな感じで伝わりますでしょうか?;

アロマテラピーはお行儀のいい直立樹形で、かなりハードに切り詰めても低いなりに花をつけてくれます。丈夫です。
カズイさんのベランダにも是非~*と強力プッシュしたいところです。
…色目さえもう少しアレならば(^^;
Commented by wwkt at 2007-11-23 14:31
香りのご回答ありがとうございます!
むむむ…ますますアロマテラピーの香りを嗅ぎたくなった次第ですw 
甘さのある香りというのはある意味、アロマのお色そのままの印象でもあるんですね〜。
ニキータのドライは確かに香りますよね、それも「正統派!」というバラ香で感心します。
確かにアロマの色はウチでは単独で浮いてしまいそうで、可哀想な女優さんになってしまう図が
頭に浮かびます…w せっかくですから映えさせてあげたいものですが、
今となってはレオさまの息のかかった子分どもばっかりで…orz

あ、メールありがとうございます! ぜひぜひもらって下さいまし〜*